大学研究評価制度REF2014分析

組織のREFパフォーマンスを、全国レベルおよび同業者と比較して迅速に評価

研究インテリジェンスソリューション コンサルティングのご依頼はこちら

素晴らしい業績をあげた機関と個人の皆様にお祝いを申し上げます。

2009年に最初のコンサルテーションを行ってから、2013年11月の提出の締切まで、イギリスの155の高等教育機関が、このプロセスに膨大な時間とリソースを費やしました。

12月17日に発表した結果は、品質と各機関の研究の非学術的な影響の両方を強調しており、長い時間にわたる尽力について記載をしています。

エルゼビアがREF 2014やその他のナショナル・  アセスメントをどのようにサポートしているかについて詳細を知りたい方は、次の2つの素晴らしいリソースをご利用ください:


REF2014 Results Analysisツール

12月16日、REF2014の報告書を提出したすべてのイギリスの高等教育機関は、一般に発表する前に、2日間で結果を分析する必要がありました。

このためエルゼビアはREF2014 Results Analysisツール(HEIの使用に関してHEFCE承認済み)を作成しました。– これにより全国と、選択した他機関に対してすぐに業績評価をすることができ、内部とグローバルの対応をするために役だちます。

ウェブベースのREF2014 Results Analysisツールは以下のものを含みます:

  • 全体的な結果と影響要素などのサブプロファイルの包括的な分析
  • 品質、数量およびそれを組み合わせた指標
  • 機関と評価ユニット(UoA)レベルランキング
  • 地域と比較グループ分析
  • さまざまなダウンロードオプション

経過

  • 12月16日: 個別機関の結果が発表され、個別のHEIは各自の結果をツールにアップロード可能となりました。
  • 12月17日: 各HEIがセクター結果を受領し、すべての結果を分析するためにツールを使用できるようになりました。
  • 12月18日: HESA Contextual Dataから得られたように、提出したスタッフの割合のランキングを作成しました。

注: これはダミーデータを使用したツールの初期のモデルです。最終製品の外観と機能は異なる場合があります。

全体的なサマリーの図


よくあるご質問

このツールはいかにHESA Contextual Dataを利用していましたか?

自らのComparator Groupを作成しますか?

ツールから結果の表をダウンロード中

ツールでComparator Groupは使用可能ですか?

ユーザーの権利はいかに管理されますか?