メインのコンテンツにスキップする

申し訳ございませんが、お客様のブラウザには完全に対応しておりませんオプションがありましたら、新しいバージョンにアップグレードするか、 Mozilla Firefox、 Microsoft Edge、Google Chrome、またはSafari 14以降をお使いください。これらが利用できない場合、またサポートが必要な場合は、フィードバックをお送りください。

この新ホームページへのフィードバックを歓迎します。ご意見をお寄せください新しいタブ/ウィンドウで開く

Elsevier
論文を投稿する

日々の診療に、最新のエビデンスを。

「今日の臨床サポ―ト」はエビデンスに基づく二次文献データベースです。国内のエキスパート1,400名により、日本の医療制度に準じた最新情報を提供します。冒頭にサマリを記載し、フローチャートや図表で見やすく表示。また、優れた検索機能で、日々の診療の意思決定を支えます。高い頻度で更新する最新情報には、電子カルテ端末などからもいつでもアクセス可能。確かな情報を病院全体ですぐに確認できるため、「働き方改革」や「チーム医療」に貢献します。

日本人医師

「今日の臨床サポート」 は2013年のリリースから10年以上が経ち、 全国500以上の施設、約4割の大学病院で採用されています。

【4つのポイント】

1.日本の医療に準じたエビデンスベース

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで、日常診療を網羅する内容を国内エキスパート約1,400名による書き下ろしで記載。国内の適応症・用法容量に基づいた処方例、日本の医療制度に準じた記載のため、臨床現場ですぐに適用できます。

  • 国内外のガイドラインやエビデンスをレビューして引用文献を明示、推奨文の根拠となるエビデンスの解説や各エビデンスの推奨度を記載

  • PubMed へもリンク

PoC benefit 1 doctor

2.迅速な意思決定を支援

テキストだけでなく、フローチャートや図表、画像を使ったわかりやすい記載格付けした推奨や実際の処方例が豊富、さらに、優れた検索機能臨床現場の迅速な意思決定を支援します。

  • 診断や治療の大まかな流れなどをつかみやすい

  • 優れた検索機能で、必要な情報にすばやくたどりつける

Konnichino Rinsho Support content sample

3.高い更新頻度で最新情報を提供

国内外のガイドラインの更新、重要なエビデンスの発表、新薬の承認などを編集部が毎日モニターして情報をタイムリーにアップデート

  • ガイドラインの更新から最短2カ月で更新、薬剤情報は毎月更新(インターネット版)

  • 各分野の著名な医師による実際の処方を豊富に掲載。ジェネリックを含む全ての治療薬情報や添付文書が参照可能

PoC_Benefit_3

4.豊富な情報にいつでもどこでもアクセス 

疾患・症状、診断・治療方針をメインに、検査情報や薬剤情報、診療報酬点数、患者向け説明資料まで、豊富な情報が1つのデータベースに電子カルテ端末やインターネット端末から、いつでもどこでも確実な情報にアクセスできます。

  • 医師、看護師、メディカルスタッフの業務を効率化

  • 職種間の知識共有によるタスクシフティング、チーム医療にも貢献

JPOC 電子カルテからもアクセス

多職種で利用でき、「チーム医療」に貢献します。

【医師】 専門外の知識や、最新エビデンスを日本語ですぐに確認して日々の診療に役立てられます。

【研修医】 日本のエビデンスに基づく医学情報の確認ツールとして、不明点をすぐに調べられます。

【看護師】 看護計画立案のための情報や疑問を日本の臨床医が執筆した臨床レビューから調べられます。

【薬剤師】 添付文書のほか腎機能別用量や小児、授乳婦に関わる薬剤情報、イレギュラーな薬剤オーダーの際に治療方針を確認できます。

【メディカルスタッフ】 退院支援時など、質疑応答のために疾患情報や診療報酬点数を確認できます。

【お知らせ】「今日の臨床サポート」ニュースレター

毎日発表される大量のエビデンス。ご自身の専門分野だけならまだしも、あらゆる診療分野についてアップデートし続けるのは至難の業です。Practice Update ニュースレターでは、日々の臨床を変える重要なエビデンスやガイドラインの変更点をぎゅっと凝縮した形でメールでお届けします。月に1回、わずか数分。これに目を通すだけでもう専門外の大切な進歩も見落とすことはありません。 最新情報が確認できる、Eメールニュースレターのお申し込みはこちら新しいタブ/ウィンドウで開く

強力な編集体制【総合編集委員:6名、監修者:約70名、著者:約1,300名】

PoC icon

総合編集委員として、国内の6名の著名な先生方による監修

● 自治医科大学 学長 永井 良三先生 ●国府台病院 名誉院長 上村 直実先生 ●東京高輪病院 名誉院長 木村 健二郎先生●川崎医科大学 総合内科学3教室 特任教授 伊藤 浩先生●武蔵国分寺公園クリニック 名誉院長 名郷 直樹先生 ● 自治医科大学 薬理学講座臨床薬理学部門・内科学講座循環器内科学部門 教授 今井 靖先生

【自治医科大学 学長 永井 良三先生】

情報時代となり、臨床医学の教材も大きく変わりました。「今日の臨床サポート」は、臨床医学を多面的かつ横断的に学ぶことを目的として発足しました。ネットを利用した電子教科書ですが、進化する医学の情報を、編集陣と利用者が協力して使いやすくすることを目指しています。まずご利用いただき、収載すべき新しいコンテンツについてご意見をお送りください。
PoC dr. Uemura_C

【 国立国際医療研究センター 国府台病院 名誉院長 上村 直実先生】

「今日の臨床サポート」は、当初、日本語版の「UpToDate」との概念で作成を開始したのですが、わが国の皆保険体制を考慮して、診療現場で生ずる疑問に対して迅速に活用できる点が最大の特徴となっています。一方、PubMed へリンクしていることから、学会発表や論文作成にも役立つ詳細な検索ツールとしても有用性が高いものとなっています。
PoC_dr_kimura_C

【東京高輪病院 名誉院長 木村 健二郎先生】

「今日の臨床サポート」が特に優れている点は、臨床に必要な情報にすぐに辿りつける「検索性」と「情報の最新性」です。幅広い疾患を診る総合診療医にとって有用であることはもちろん、専門医も様々な領域を横断して診ることが重要ですので、他の領域の知識を補完するツールとして院内の多くの医師をはじめとした医療関係者に活用していただけると思います。

【川崎医科大学 総合内科学3 特任教授 伊藤 浩先生】

日頃、皆さんはガイドラインに準じた診断・治療を心掛けていると思います。ところが、ガイドラインは日々更新されており、様々な疾患で日本や欧米のガイドラインをフォローするのは困難です。「今日の臨床サポート」はエキスパートが最新のガイドラインをフォローしつつ、実臨床に役立つようにがわかりやすく解説しています。是非、日常臨床にお役立てください。

【武蔵国分寺公園クリニック 名誉院長 名郷 直樹先生】

多忙な日々の診療を行いつつ継続的な勉強を継続するには、エビデンスに基づき、かつ日本の保険制度に則ったデータベース、教科書が必要だ。さらには英語データベースに慣れていない医者以外の医療従事者にとっては、翻訳ソフトの進歩があるにしても、日本語教科書のニーズは高い。医者のみならずすべての医療従事者にお勧めできるのが「今日の臨床サポート」である。

ニーズに合わせた契約プランをお選びください

施設契約

院内の電子カルテ端末・オーダリング端末など、イントラネットからアクセス可能。医師だけでなく、看護師、薬剤師、メディカルスタッフなど、多職種で利用できます。 エビデンスに基づいた確かな情報をすぐに確認できるため、臨床現場での迅速な意思決定を支えます。また、院内スタッフも必要なときに情報をすぐに確認できるため、調べものにかかる時間の短縮、医療の質の向上、チーム医療にも貢献します。

個人契約

インターネット版で、パソコン、スマートフォン、タブレットからいつでも、どこでもアクセスできます。国内の実情に応じた最新のエビデンスで、あなたの日常診療を支えます。 全コンテンツが閲覧できる、15日間無料トライアルをぜひお試しください。

導入事例 【市立東大阪医療センター様】 「誠実な医療」実現のために、労働環境整備や職員の技術向上へ投資を 「今日の臨床サポート」導入前の課題は、“調べものをする際の非効率性”“情報の信頼性への懸念”。導入後は、電子カルテと「今日の臨床サポート」を連携し、カルテを見ながら疾患情報などを参照できるようにしたり、疾病のみならず診療報酬や薬剤に関する情報も同時に調べられるようになったことで、全職種で業務の効率化を実現、エビデンスベースの「今日の臨床サポート」を情報元に用いることで、情報の質と信頼性を担保できるようになりました。 事例の詳細を見る新しいタブ/ウィンドウで開く

市立東大阪医療センター様

「今日の臨床サポート」が支持される理由

「今日の臨床サポート」:資料ダウンロード・関連情報