Jan bij de Weg

シニア・バイス・プレジデント兼グローバル法務担当

Jan bij de Weg

Jan bij de Wegはエルゼビアのシニア・バイス・プレジデント兼グローバル法務担当です。フローニンゲン大学とストックホルム大学で法律を学んだあと、ヨーロッパと米国のさまざまな法域で働きました。1997年、Akzo Nobelからエルゼビアに入社して以来、法務チームの主要メンバーとして活動しています。製薬事業部の一員として、豊かな経験を基に出版、販売、ライセンシング、買収、公共政策に関して、法律に関わる支援をしています。またエルゼビアのコンプライアンス委員会の議長も務めています。エルゼビアのグローバル権利チームもJanが監督しています。

Janは STM協会、ヨーロッパ出版社評議会(EPC)、オランダ出版社協会(NUV)の著作権委員会に定期的に貢献し、STM国際出版社権利組織(IPRO)委員会のメンバ―です。またテキスト&データマイニングやソーシャルシェアリングなどのトピックに関する業界の特別ワーキンググループにもメンバーとして参加しています。

インタビューのお問い合わせは、広報オフィスまで電子メールでご連絡ください。