Pure

Pureは、研究機関の研究戦略、コラボレーション戦略、研究評価、日常業務に関する意思決定のために、エビデンスに基づいたアプローチを促進します。

リサーチ・インテリジェンス・ソリューション お問い合わせ

Pureについて

Pureは、研究機関の研究戦略、コラボレーション戦略、研究評価、日常業務に関する意思決定のために、エビデンスに基づいたアプローチを促進します。

Pureは、内外の多数のソースから組織の研究情報を集約し、信頼性の高い包括的なデータへのリアルタイムなアクセスを可能にすることで戦略的な決定を推進します。Pureは非常に用途の広い中央集中システムで、レポートの作成、パフォーマンス評価の実施、研究者プロファイルの管理、研究ネットワーク実現、専門知識の発見などを可能にし、同時に、研究者、教員、スタッフの管理に関する負担を減らします。

特徴

  • 世界の研究のデータを収集し、管理コストを削減する
  • 研究情報の妥当性と信頼性を保証する
  • 名寄せサービス(Profile Refinement Service)で、顧客の作業を最小限に抑え、充実した研究者のプロファイルを作成する
  • Elsevier Fingerprint Engine™を通じて、テーマに合った専門家を見つけ、コラボレーションを促進する
  • レポートを作成、共有し、ナショナル・アセスメント報告書を提出する

主な利用場面

  • 機関の強みを明確化
    • 個人、学科、学部、機関レベルで「誰が何を知っているか」を把握
    • 機関内の専門家を特定し、その発表履歴に即座にアクセス
    • 研究資金の対象となり得る適切な研究者を特定
    • 個人やグループの研究の特徴を示すコンセプトを抽出
    • 専門性と発表文献に関するデータの分析結果から、投資を増やすべき分野を判断
  • 機関内共同研究の促進
    • 学部内外の研究ネットワークを理解し、共同研究を促進、プロジェクトの大型化も容易に
    • 研究者のネットワークを明らかにすることで、部門内だけでなく部門を超えた新しいパートナーシップの形成を促進
  • 外部との共同研究の促進
    • 研究グループの強みを明確にアピールすることで、外部からのアプローチも促進

直観的なインターフェース

研究者の詳細

著者個人の研究の概要を確認できます。

pure_profile.jpg 
レポート表示

さまざまな切り口でデータを俯瞰できます。

pure_report.png 
研究ネットワーク

研究者の共著相関図で機関内外における共同研究の広がりを容易に特定できます。

pure_network.jpg

サードパーティーのライセンスや製品における出版社のコンテンツの表示方法ついて質問がある場合は、Publishing Relations Managementチームにご連絡ください。


その他の情報(英語)