業界標準

エルゼビアは、情報のレビュー・検証・アーカイブ・普及方法を促進するイニシアチブのリーダーです。エルゼビアの多くのパートナーシップはコミュニケーションを推進し、インサイトを得て科学研究とヘルスケアの分野において個人と集団が進歩を遂げることを可能にします。

アクセス

ESPReSSO

Establishing Suggested Practices Regarding Single Sign On (ESPReSSO)は複数プラットフォームおよび製品に対し、機関でのログイン情報を使用してログインできるようにします。

Shibboleth/ SAML

Shibbolethは安全な認証をするためのSAML (Secure Assertion Mark-up Language)実装で、ユーザーは機関でのログイン情報を使用してログインできるようになります。ユーザーに対して、OpenAthensとSAMLベースシングルログオンをサポートします。

アクセシビリティ

WAI

WCAG 2. 0 (Web Content Accessibility Guidelines):エルゼビアは国際的なアクセシビリティ規格に対応し、さまざまな障がいがある人々にもエルゼビアのウェブサイトを使用していただけるようにしています。

セクション508

セクション508は米国連邦政府・連邦政府が、資金提供をした機関によって購入または資金を提供したすべてのITが障がいを持つ人々によって使用できるようにすることを保証しています。

リンクと統合

MARC Records

MARC (Machine-Readable Cataloging)。コンピューターが目録情報を交換・使用・解釈するメカニズムを提供します。MARCのデータ要素が現在使用されているほとんどの図書館のカタログの基礎を構成しています。

OpenURL

OpenURL Framework規格はコンテクスト・センシティブなメタデータ交換のプロトコールです。

Cross Ref

出版社主導のイニシアティブであるCrossRefは無料レファレンスリンク作成サービスで、出版社を問わず、最新もしくはアーカイブに関わらずコンテンツを統合します。エルゼビアは資金提供パートナーです。

Niso

Open URL規格はリンク作成システム間の双方向インタラクションに対する需要の高まりに対応するためのものです。

OAI-PMH

OAI-PMHはOpen Archives Initiative Protocol for Metadata Harvestingの略です。 機関のレポジトリーが、機関外のレポジトリーに更新を通知する標準プロトコールです。

SCHOLIX

学術出版と研究データ間の簡単かつユニバーサルなリンク作成メカニズムです。

保有と使用

Counter

COUNTER (Counting Online Usage of Networked Electronic Resources) Code of Practiceは、オンライン情報製品とサービスの使用を測定するために単一の認証された拡張可能な行動規範を策定します。エルゼビアはCOUNTERの創立メンバーです。

KBART

Knowledge Base and Related Tools (KBART)は、出版社が図書館のナレッジベースを更新するにあたり一貫した正確かつ容易な方法で、タイトルリストと保有レポートをフォーマットするための推奨プラクティスです。

SUSHI

Standardized Usage Statistics Harvesting Initiative (SUSHI)は、出版社とその顧客間で、XMLフォーマットでCOUNTER使用レポートを自動交換するための必須プロトコールです。

コミュニティ独自の基準

Stix Fonts

STIX (Scientific and Technical Information Exchange) Font Creation Project。科学・技術・医療出版に使用される数学およびその他の特殊文字のための、包括的なロイヤリティフリーのフォントセットです。

情報の保護

デジタル・アーカイブ

エール大学図書館とオランダ国立図書館、Koninklijke Bibliotheekと協力し、エルゼビアはOpen Archival Information System (OAIS)の保存規格を採用し、エルゼビアジャーナルの公的かつ永久にアクセス可能なデジタルアーカイブを設立しました。