COUNTER 実施規則リリース5 – よくある質問

質問

回答


COUNTER 実施規則リリース5(COP5)とは何ですか?

COUNTERは、2019年1月に新しい実施規則、リリース5(COP5)を発表しました。

創設メンバーであるエルゼビアを含む、図書館、出版社、および供給元で構成されるCOUNTERは、電子リソースの利用記録に関する報告の基準を策定する非営利団体です。

これらの基準は、情報環境の変化を反映し絶えず更新されており、COP5が最新版です。COP5は、利用記録報告の明確さ、一貫性および比較可能性を向上させるために開発されました。

COP5の変更点の詳細については、COUNTERのディレクターLorraine Estelle、エルゼビアの分析ディレクターのElena Zapryanova-Hadjinikolovaと一緒にLibrary Connectウェビナー「COUNTER実施規則5の詳細」を視聴ください。

なぜ新しい指標が必要なのですか?

2012年に最後の実施規則が発表されて以降、テクノロジーおよび出版社のプラットフォームのイノベーションは、研究者の作業を大きく変化させました。これによりオンラインユーザーの行動をより適切に測定するための追加の利用統計指標が必要になりました。

  1. Distributed Usage Logging (DUL)プロトコルは、第三者プラットフォーム(例、Mendeley、ReadCube)での利用記録の報告を可能にする、CrossRefが推進する新しい標準です。
  2. Investigationsでは、フルテキスト以上のコンテンツのインタラクション(例、要約、ビデオ、調査データなど)を測定します。
  3. Unique Item Requestsは、コンテンツフォーマットおよびユーザーインターフェースとは独立した利用記録を測定し、現在のHTMLおよびPDFのメトリクスを置き換えます(つまり、同じユーザーセッション内の同じ記事のHTMLおよびpdfダウンロードは、1つのUnique_Item_Requestとしてカウントされます)。
  4. Unique Title Requests書籍のみ)は、セッション中でユーザーがダウンロードした「セクション」(ページ、章または電子ブック全体)の数に関係なく、特定の電子書籍タイトルに対するユニークリクエストの総数を提供します。
  5. アクセスタイプの属性:標準のジャーナルレポートは、「Controlled」コンテンツ(ライセンス/購読の裏側にあるコンテンツ)および「Gold OA」コンテンツの利用記録を識別するためのフィルタを含みます。

指標は、比較を単純化し、コレクションを評価している場合またはライブラリが提供する価値についてレポーティングしている場合に役立つように、エルゼビアの幅広い「メトリックのバスケット」に追加されます。これら新しいメトリクスについての詳細は、COUNTERのWebサイトをご覧ください。

レポートに新しい指標が適用されるのはいつですか。

新しい指標は、2019年1月のレポートから掲載されます。

新しいレポートはどこで確認できますか?

当初は現行と同様、AdminToolにおいて利用可能となります。長期的には、利用記録レポートを無料のE-PICサービスに移行し、お客様に対し製品全体にわたりエルゼビアコンテンツのより包括的なビューを提供することを計画しています。E-PICは、2019年よりユニークアイテムリクエストおよびトータルアイテムリクエストの両方を表示する予定です。

リリース4のレポートには、いつまでアクセスできますか?

3か月の移行期間(2019年1月から3月まで)中、リリース4とリリース5の両方のレポートにアクセスできます。リリース5のレポートには、現在の月と24か月分の履歴データが含まれるため、分析の際、両方のレポートをダウンロードする必要はありません。

これは、リリース5の元でレポートされ続けるすべてのリリース4指標に適用されることにご注意ください。例、トータルアイテムリクエスト。個別のHTMLおよびPDFリクエストなどの廃止された指標に関しては、リリース5ではレポートされず、リリース4のレポートでのみ、2019年3月までアクセスできます。

以下は、COP5の下でのCOUNTER Standardレポートの主な変更点です。

COP5の下でのCOUNTER Standardレポートへの変更

Changes to the COUNTER Standard reports under COP5

利用統計の新しい指標タイプを遡及的に表示できますか?

残念ながらできません。– 以下がその2つの理由です。

  1. COUNTERは、新しいリリース5メトリックが2019年1月以降のデータでレポートされることを義務付けています。
  2. 新しいメトリックを計算できるようにするために、データ/トラッキングにいくつかの変更を加える必要がありました。 これらの変更は遡及的に適用することができません。

どのようにTurnawaysをカウントしていますか?

以前と同じです。 ユーザーがコンテンツにアクセスしようとしたが、そのコンテンツへのアクセス権がない場合に、Turnawayが登録されます。その場合、ユーザーは、論文のAbstractへ誘導されます。

Abstractへ誘導されない場合、エルゼビアには、Investigations調査

で何らかの利用統計の記録が残りますか?

Investigationsでは、あらゆる形式(例、HTML、PDF、XML)のフルテキストの利用のリクエスト、Abstract、Abstract Previews、ならびに論文関連のマルチメディアコンテンツおよび論文関連の研究データセットの使用が含まれます。

エルゼビアは、「flat PDFs」以上の異なったコンテンツタイプおよびメタデータを活用して研究者らに価値を提供するための新しくかつ革新的な方法を開発しました。Investigationを記録するにはアクティブユーザーリクエストが存在する必要があることに注意してください。つまり、埋め込まれたコンテンツはユーザーがリクエストしない限りカウントされません。

ScienceDirectへどの国からアクセスするかによって、新旧のメトリクスの実行方法は異なりますか。

いいえ、ログの処理はすべてのユーザーに対して同じ方法で処理されます。

コンソーシアムのレポートに何らかの変更はありますか?

はい – COP5では、個別のコンソーシアムレポートは提供されません。(例えば、リリース4コンソーシアムレポート1:コンソーシアムのメンバーごとに分類された月およびタイトル別の成功したフルテキストジャーナル記事または書籍の章へのリクエスト数は、廃止されます。)コンソーシアムの管理者は、メンバーのためリリース5レポートにアクセスして、そのコンソーシアムのすべてのメンバーのため総利用記録統計を含む全体レポートを取得することができます。

DULとは何ですか?また、それがCOUNTERリリース5の一部として導入されたのはなぜですか?

DUL(Distributed Usage Logging)は、アグリゲーター、リポジトリーおよびSCNなどの第三者プラットフォーム上において、DOIで識別されたコンテンツの利用統計を報告するためCrossRefによって促進される新しい標準です。テクノロジーは、アグリゲーター、リポジトリー、SCNなどのパブリッシャ以外のプラットフォームにおけるコンテンツへのアクセス、共有およびコラボレーションのよりインタラクティブな方法を促進しました。 DULは、コンテンツの価値のより完全な表現を可能にします。MendeleyおよびDigital Scienceは、エルゼビアを含む出版社のグループと共同で、2019年1月のCOP5の開始に間に合うように、プラットフォームでのコンテンツ利用統計に関するDUL利用記録を設定することを10月に発表しました

これらの新しいメトリクスおよびレポートについての詳細はどこで入手できますか。

Counter COP5メトリクスに関する詳細な情報と役立つガイド、さらに透明性のあるレポートからお客様がどのように利益を得るかについて、COUNTERのウェブサイトを訪問することを勧めます。

他に質問したい場合はどうしたらいいですか?

エルゼビアアカウントマネージャおよびカスタマーコンサルタントは、いつでも質問にお答えし、またお客様のレポートに対するニーズについてトレーニングやサポートを提供します。