オープンサイエンス

オープンアクセスに関するエルゼビアの活動の最新情報

オープンアクセスジャーナルを閲覧する

オープンサイエンスとは、新しい技術が科学の未来をどう変えているかということを反映する広義の用語です。最終的に、研究をより協調的でオープンで透明性の高いものにし、研究の効果・効率を高めます。

エルゼビアは、幅広い研究コミュニティと協力して研究者がコラボレーションや研究の共有をより効果的に行い、必要なものが利用できるようサポートしています。エルゼビアのオープンアクセス、研究データ、科学と社会に関する活動の詳細をご覧ください。

Open Data Report(オープンデータレポート): 研究者の視点から

エルゼビアとCWTSの新しい報告では、研究データ公開の利点はよくわかっているけれど、研究データを実際にいつどのように共有するかについて研究コミュニティに混乱が残っていることが明らかになりました。

Open Data Report(オープンデータレポート)ページへ


オープンアクセス

Elsevierは世界最大級のオープンアクセス出版社で、さまざまなオープンアクセスオプションを提供しています。

詳細はこちら

研究データ

エルゼビアは、研究者と研究機関による研究データの保存、共有、発見、効果的な(再)利用を支援します。

詳細はこちら

科学と社会

エルゼビアは、専門家だけでなく一般の方々に科学がいかに伝えられ、そして理解される方法を常に改善しています。

詳細はこちら

研究の健全性

エルゼビアでは出版倫理に関する無料の著者トレーニングの提供、著者の寄与についての透明性の維持などさまざまな活動やイニシアチブを通じて、研究の健全性を推進することにコミットしています。

詳細はこちら

ポジションステートメント

エルゼビアは、あらゆる人が声明文やエビデンスを閲覧できるように透明性を維持するにコミットしています。

詳細はこちら