SciVal

エルゼビアのSciValは、世界14,000以上の研究機関と230か国の研究パフォーマンスに対する素早い簡単なアクセスを提供します

Research Intelligence・ソリューション コンサルティングのご依頼はこちら

SciValについて

SciValは、世界16,500以上の研究機関と231か国の研究パフォーマンスに対する迅速で簡単なアクセスを提供します。

SciVal:ユーザー向け情報


主な特徴

  • 世界最大級の抄録・引用文献データベースScopusをデータソースとしています。
  • 目的に合わせて4つのモジュール(Overview、Benchmarking、Collaboration、Trends)から選択することができます。
  • 論文数、被引用数、被引用インパクト(FWCI)、トップ論文、国際共著率など多彩な指標を提供します。
  • 新機能Topic Prominenceは、Scopusの文献を引用関係に基づいて約100,000のトピックにクラスタリングすることにより、機関の研究ポートフォリオの全体像を把握することを可能にします。新指標Prominence(注目度)は助成金と強い相関関係があり、助成金が付きやすい研究領域を特定することを可能にします。
  • 優れたビジュアル機能により、データをわかりやすく可視化します。
  • 高性能コンピュータ(HPCC)システムを使用することにより、大量のデータを高速にデータ分析します。

SciVal機能の詳細(英語)


主な利用場面

  • 研究成果を確認、報告に活用
    • 論文数、被引用数、被引用インパクト(FWCI)、トップ論文、国際共著率など複数の指標で業績を数値化
  • 研究のプランニング
    • 自身の研究の位置づけを把握
    • 世界の研究テーマのトレンドを把握
  • 共同研究者の検討
    • 共同研究者やPIの候補者を探索
    • 候補者の業績やインパクトを確認
  • 助成金の申請
    • 自身や自機関の優位性をアピール
    • 研究テーマの重要性を注目度でアピール
    • ライバルとの違い、自身の特色を差別化

Overview: 研究パフォーマンスを多角的に把握する

機関や研究者の研究パフォーマンスを多角的に分析できます。新たにリリースされたトピックでは、機関や研究者が活動している研究領域を確認することができます。

  • 多様な客観的データを簡単に取得できます。
  • 研究機関、国・地域、研究者が研究活動を行っているトピックを確認できます。

Benchmarking: 研究力を相対的に把握する

機関や研究者について、様々な指標を使ってベンチマークすることができます。自機関の研究力を相対的に把握できます。

  • 目的に応じて分析指標や分野を選択できます。
  • 多様な指標に基づいて自機関の強みや弱みを相対的に把握できます。

Collaboration: 共同研究を戦略的に支援する

論文の共著関係に基づく共同研究の状況を詳細に把握し、共同研究の戦略的支援に役立てることができます。

  • Google mapで共同研究状況を俯瞰します。
  • 分野を絞って調査できます。
  • 研究領域を独自に作成して調査することも可能です。作成後、保存してMy SciValからいつでも再調査が可能です。
  • 特定の研究機関との共同研究について、論文数や引用インパクトを取得できます。

Trends: 研究領域の最新のトレンドを把握

トピックまたは独自に定義した研究領域のトレンドを文献数、FWCI、表示回数、キーフレーズなど様々な観点から知ることで、次の研究テーマや共同研究候補の選定に役立てることができます。

  • 先行指標である被読数を搭載。研究領域ごとの研究活発度を、論文数・被引用数等に加えて解析
  • 国レベル、機関レベル、著者レベル、ジャーナルレベルでの解析
  • 活発化しているキーワードの、ビジュアル解析表示
  • 補完関係候補の機関が強みをもつキーワードと自機関の比較解析
  • 自由にキーワードで研究領域を作成可能


SciVal紹介動画

SciValを使用して、世界10,100以上の研究機関と230か国の研究成果に対していかに簡単にすばやくアクセスできるかをご紹介した5分のクイックスタートビデオをご覧ください。SciValがあれば、研究成果を可視化し、ベンチマークし、パートナシップを構築し、研究トレンドを分析できるようになります。