バイオインフォマティクスにより新たな知見を発見可能に

網羅的なデータコンテンツと解析機能で重要な遺伝子やタンパク質を同定

特定の遺伝子、疾患、バイオマーカーに関する実用的な知見を見つけるためには、関連文献を検索し、その関係性を網羅的に把握する必要があります。 多くの場合、これは時間と手間がかかるものです。科学者がフォーカスしている対象が人間の病理学であれ、植物生物学であれ、実験データの解釈を容易にするインフォマティクスソリューションは、疾患のメカニズムに関してより深い知見をもたらし、パスウェイの分析を介し研究をサポートします。Pathway Studioはそのようなソリューションです。

Pathway Studioは、数百万件の文献(全文および抄録)から得られた膨大な情報を分析し可視化ツールと統合することにより、分子相互作用および生物学的プロセスに関連する因果関係の探索を可能にします。Pathway Studioは、創薬ターゲットの同定、疾患メカニズムの理解、バイオメーカー同定、およびドラッグリポジショニングに関する解析を提供いたします。

Pathway Studioでできること:

Pathway Studioでできること | エルゼビアソリューション

  • オミックスデータをはじめとした実験結果の分析と解釈。
  • 創薬ターゲット探索、バイオメーカー、リポジショニングプロジェクトの実験仮説の策定と検証。
  • 疾患生物学に関して細胞と免疫学の相互作用を理解する。
  • 発生、疾患、および薬剤反応性に影響を及ぼす因子を探索する。

Pathway Studioはさまざまな研究データをサポートします

すべての研究者やプロジェクトが独自のデータ分析ニーズを持っているため、Pathway Studioはさまざまな使い方に柔軟に対応しています(NGS/マイクロアレイを始めとしたトランスクリプトーム、メタボローム、バリアント解析など)。

また、特定の遺伝子やタンパク質の相互作用の理解、創薬ターゲットやバイオメーカー特定、または複雑な疾患モデルを構築など、必要な時に必要な情報や解析をウェブブラウザから提供可能です。

700万件の文献から抽出した豊富な相互作用や2,000件以上のパスウェイよって、意思決定や研究をサポートします。

容易な解析ワークフロー、精査したパスウェイ情報、網羅的なコンテンツ、フィルター機能などにより、分子相互作用データを調査し、タンパク質、疾患、薬剤に関するより多くの関係性の同定をサポートします。

これらによって、大学/官公庁/企業の研究のイノベーションを促します。

以下のような研究をサポートします:

  • パスウェイ解析を通じて疾患やフェノタイプのメカニズムを可視化。
  • 科学文献(10,000以上のジャーナル)を活用して新しい創薬ターゲットを決定。
  • 遺伝子突然変異が患者と新薬探索に与える影響を調査。
  • 疾患におけるシグナル伝達経路の役割の理解。
  • 医薬品の適用拡大情報と可能性を調査。

The Hive: ユーザー様のケーススタディのご紹介

ライフサイエンスおよび製薬企業は、医薬品探索と開発のためにElsevierのR&Dソリューションを使用しています。


Hiveのページへ(英語)

Pharma R&D Todayブログ

Elsevier Pharma R&Dブログは製薬関連のトピックに関するさまざまニュースや情報を紹介しています。

創薬ターゲットの同定、ビッグデータ解析、医薬品安全性モニタリング、規制コンプライアンスなどさまざまなテーマを紹介しています。

Pharma R&D ブログへ(英語)



If you have questions about third party licensing or how publishers’ content appears in the product, please contact the  Publishing Relations Managementにご連絡ください。