メインのコンテンツにスキップする

申し訳ございませんが、お客様のブラウザには完全に対応しておりませんオプションがありましたら、新しいバージョンにアップグレードするか、 Mozilla Firefox、 Microsoft Edge、Google Chrome、またはSafari 14以降をお使いください。これらが利用できない場合、またサポートが必要な場合は、フィードバックをお送りください。

この新ホームページへのフィードバックを歓迎します。ご意見をお寄せください新しいタブ/ウィンドウで開く

Elsevier
論文を投稿する

SciVal Topics

トピックスは、高度な評価・分析ツールとしてのSciValの能力を高め、戦略的研究計画の重要な一翼を担う。

SciVal Topics wheel

約94,000のTopicと1,500のTopic Clustersを分析することで、自機関が現在積極的に取り組んでいるTopicや、勢いがあり資金が集まりやすいTopicを特定するポートフォリオ分析を行う1。同業機関、国、または研究者のTopic概要により戦略立案を充実させ、どの研究者が特定のTopicで活躍しているのか、同業者や競合他社はどのTopicで活躍しているのか、また関連するTopicのうち知っておくべきものは何かについての洞察を得ることができます。

トピックは、世界的な研究分野を代表する、直接引用に基づく共通の知的関心を持つ出版物の集まりです。トピックの大小、新旧、成長、衰退があります。時間の経過とともに新しいトピックが出現し、トピックは研究分野を代表するため、ダイナミックに進化していきます。1つの出版物は1つのトピックにのみ属することができ、1つのトピックは1つのトピッククラスターにのみ属することができます。

研究の性質と同様に、多くのトピックは学際的であり、古いトピックは冬眠状態かもしれませんが、まだ存在しています。加えて、研究者自身も流動的で、多くの研究分野にわたって活動し、多くのトピックに貢献しています。1996年から現在までのScopusの論文は、(共引用分析に対する)直接引用分析を用いてトピックとトピッククラスタにクラスタリングされます。

Topic Prominenceの利用方法

  • 大学のリーダー、シニアリサーチオフィサー、学部長、学科長は、自機関と他機関のポートフォリオの概要により戦略的研究計画を充実させ、研究の強みを特定し、戦略的パートナーシップの決定を支援することができます。

  • 研究サービスチームと図書館は、ワークショップを促進し、トピックと関心のある研究領域の主要な機関と研究者についてのインサイトを提供することで、マネジメントレベルのレポートを充実させ、共同研究を促進および強化し、的を絞った資金調達を支援することができます

  • 教員および研究者は、特定のトピックの専門家および潜在的な分野横断的な共同研究者を特定することによって、プロジェクトチームおよび資金調達を強化し、十分な資金が提供される可能性のあるトピックを特定することができます ― さらに関心のある主要な分野で読むべき新しい文献を発見することができます

  • 政府および資金提供機関は、自国の研究活動をプロファイリングし、関心のあるトピックや注力すべきトピックに取り組んでいる主要な機関および研究者を特定することができます

  • 企業の研究開発チームは、潜在的な戦略的技術パートナーを特定し、戦略的またはニッチな領域における主要な専門家を見つけ、トピックの競合他社の活動状況をプロファイリングすることができます

Cover of case study: Arizona State University

ケーススタディ: アリゾナ州立大学がSciValを用いて専門家を特定し、結び付ける

ケーススタディを読む 新しいタブ/ウィンドウで開く
SciValトピックのホイール表示 - アテネ大学 - トピックとトピッククラスタ

トピックの ホイールとテーブルの表示は、分析対象が貢献しているトピックの概要を提供し、他のモジュールでトピックをより詳細に分析する明確な方法を提供します。

方法論 — トピックおよびトピッククラスタはどのように作成されるか

Scopusに収録された1996年以降の5,500万件以上の文献と、2回以上引用された2,000万件以上のScopus収録対象外の文献との間の10億以上の引用リンクからなる引用ネットワーク全体を取り上げ、そのネットワークを約96,000のトピックに分類します。

トピックは、トピック内の直接引用のつながりが強く、トピック外の直接引用のつながりが弱い場合に作成されます。Scopusに収録された文献のみがトピックに含まれます。

クラスタ(トピック)間の境界は、引用リンクが弱い場所を調べることによって特定されます。リンクが弱い場合、クラスタは個別のトピックに分割されます。

ダイアグラム - Kevin dots 2

トピッククラスタは、トピックを作成するのと同じ直接引用のアルゴリズムを使って形成されます。トピック間の引用リンクの強度が閾値に達すると、トピッククラスタが形成されます。トピッククラスタとは、類似した研究対象を持つトピックを、より広範で高度な研究分野に集約したものです。これらのトピッククラスタは、より具体的でニッチな基礎となるトピックを掘り下げる前に、国、機関(またはグループ)、研究者(またはグループ)が行っている研究をより幅広く理解するために使用することができます。

96,000の各トピックは、1,500のトピッククラスタの1つとマッチングされています。トピックと同様、研究者または機関は複数のトピッククラスタに貢献することができますが、1つのトピックは1つのトピッククラスタにしか属することができず、1つの文献は1つのトピック(したがって1つのトピッククラスタ)にしか属することができません。

プロミネンスとは何か

プロミネンスとは、特定のトピックの勢い/動き、または可視性を示す指標です。プロミネンスは「重要性」を意味するものではありません。トピックのプロミネンスは、3つの指標を組み合わせて計算することで、トピックの勢いを示します:

  1. n年とn-1年に発表された文献に対するn年の被引用数

  2. n年とn-1年に発表された文献に対するn年のScopus表示回数

  3. n年の平均CiteScore

プロミネンスは「重要性」を意味するものではありません

特定の研究分野の性質上、決して「プロミネント」になることのないトピックも存在します。しかし、これはトピックが重要でないという意味ではありません。

プロミネンスは資金調達とどう関係するか

特定のトピックのプロミネンス(勢い)と、そのトピックにおける著者一人当たりの資金調達額には相関関係があります(1新しいタブ/ウィンドウで開く)。平均して、 勢いがあるほど、そのトピックの研究に利用できる著者一人当たりの資金が多くなります。

SciTech Strategies社は、STAR METRICSデータベース(米国連邦政府の資金提供の24%を占める大規模なプロジェクトレベルの資金提供データベース)から、2,030億ドルに相当する314,000の助成金を、テキストの類似性によって96,000のトピックすべてに割り当てることで、トピックのプロミネンスとトピック内の著者一人当たりの資金調達額との相関関係を特定しました。 助成金データはトピックごとに 2 つの期間に分割され、相関関係が分析されました。このモデルでは、プロミネンスと将来の資金調達の相関は0.616であり、プロミネンスが将来の資金調達の分散の38%(または0.6162)を占めることが示されました。

1Research Portfolio Analysis and Topic Prominence新しいタブ/ウィンドウで開く Richard Klavans and Kevin W. Boyack

追加情報

Topic Prominenceの詳細については、 以下の論文および文献をご参照ください: