日本化学会第99春季年会(2019)

来場御礼

多くの皆様に、第99回日本化学会春季大会での Reaxys Price Club Symposium in Japan 2019 ご聴講並びに、エルゼビア展示ブースへのお立ち寄りをいただきました。誠にありがとうございました。

頂きましたアンケートに関しましては、集計をいたしまして皆様に結果をご案内する予定です。

当日ご紹介のReaxysのログインは、こちらから

情報は、こちらから

CSJ2019

CSJ-2019

プログラム概要

2019年3月18日に、化学会のプログラムとして、Reaxys Price Club Symposium in Japan 2019を開催いたします。

【プログラム概要】

プログラム名:Reaxys Price Club Symposium in Japan 2019

主催: エルゼビア・ジャパン株式会社

日時: 2019年3月18日(月曜日)13:30~16:30

会場: 甲南大学 岡本キャンパス S6会場(5号館2階522教室) アクセス

参加費:無料

チラシは、こちらから

プログラム

講演タイトル時間講師Abstract
開会挨拶13:30 - 13:40エルゼビア・ジャパン株式会社
結合切断を起点とした合成反応開発
Making bonds by breaking bonds:
An unconventional approach to making molecules
13:40-14:30<講師>
早稲田大学理工学術院教授
山口 潤一郎 先生
Reaxys Prize Clubメンバー講演1
未開拓ケミカルスペースに届く反応を目指して
Development of new reaction that reach unexplored chemical space
14:30-14:55<講師>
名古屋大学
トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任准教授
村上 慧 先生
資料
Reaxys Prize Clubメンバー講演2
メカノケミストリーが拓く反応開発
Reaction Development by Mechanochemistry
14:55-15:20北海道大学大学院工学研究院
有機元素化学研究室 (伊藤肇教授) 特任助教 
久保田 浩司先生
資料
Reaxys Prize Clubメンバー講演3
強還元で目指す新しい分子変換
Development of Molecular Transformations Based on Strong Reduction
15:20-15:45京都大学大学院理学研究科化学専攻
有機化学研究室(依光 研究室)
助教 野木 馨介先生
資料
エルゼビアセッション
アクセプトされる英語論文の書き方
15:45-16:25エルゼビア・ジャパン株式会社
シニアソリューションコンサルタント
高石 雅人
閉会挨拶16:25-16:30エルゼビア・ジャパン株式会社