世界環境の持続可能性科学

2015年の国連による新しい持続可能性目標 (SDG)設立により、世界のリーダー、企業、研究機関は、この取り組みにどのように貢献できるかを探求しています。

科学、技術、イノベーションは長い間、社会経済の発展の基礎、そして持続可能な発展の中心的な貢献要因であると認識されてきました。

  • しかしこうした持続可能な発展に関わるすべての点が同じように扱われているのか、
  • どの国が進んでいて、どこで研究が発展が可能なのか、
  • 論文には、真の違いを実現するために必要な影響力があるのか、が問われています。

持続可能性科学は強い影響力があります

このレポート – エルゼビアとSciDev.Netのコラボレーション – では研究分野における持続可能性科学のステータスを調査しています。

このレポートは、研究結果、引用の影響力、研究コラボレーションと学際的な研究を調査することで、持続可能な発展を理解し、持続可能性科学が学問としてどれくらい発達したかを分析するのに役立ちます。

そのため、国連の持続可能性目標のもと社会と科学が対話することをサポートし、世界に私たちの持続可能性科学に対する知識を提供しています。

Sustainability Science in a Global Landscape