Deep Kayal

機械学習エンジニア

「エルゼビアが保有しているデータは、興味深いこと、知的なことに関する情報の宝庫です。」

Deep Kayal

私にとって自然言語(処理)は近年の機械学習の最前線です。テキストは脈絡がなく主観的なので処理が難しく、また言葉は人によっては異なる意味を持ちます。しかしそれが故に面白さがあります。例えば論文を、内容に基づきトピックを要約する機能を作りました。これにより、どのトピックが最も引用されているか、つまりトレンドとなっているかについて大規模な分析をすることができます。これは、研究者がどの研究にフォーカスすべきか、資金提供団体がどこに投資をすべきか、出版社が次にどのジャーナルに何を掲載するかを決める場合に役立ちます。エルゼビアが保有しているデータは、興味深いこと、知的なことに関する情報の宝庫です。 エルゼビアがこうしたデータを所有しており、またその品質を保証できるということが、他社と差をつける要因となっています。

--------

Deep Kayalはエルゼビアのコンテンツ&イノベーションチームの機械学習エンジニアで、さまざまな製品向けに研究論文からの自動データ抽出に取り組んでいます。

技術担当が語る機械学習についてもっと見る

Georgios Tsatsaronis photograph
エルゼビアで機械学習について取り組む中で最も気に入っていることは、理論と実践を組み合わせることができることです。. — Georgios Tsatsaronis, プリンシパルNLPスペシャリスト
次へ
Sujit Pal photograph
自動ヘルスケア技術への挑戦は人の命がかかっているため、大きな賭けとなっています. — Sujit Pal, テクノロジー・リサーチ・ディレクター
次へ
Helena Deus photograph
機械学習が科学の品質を向上できるのなら、これは医薬品製造の価格とスピードに大きな影響を与えます。. — Helena Deus, シニア・テクノロジー・リサーチャー
次へ