査読者サポート

査読者は学術的出版において中心的役割を担っています。論文や論文を掲載するジャーナルの品質を維持するためには査読プロセスが必須です。エルゼビアは常に査読プロセスの改善・効率化に注力しています

私たちは査読者を検索し、維持し、期日を守るように働きかけることが、どれほど難しいことか知っています。査読者向けサポートページ では、査読者が質の高い査読を実施するために必要なガイダンス、情報、サポートを提供し、査読関連の業務を支援します。詳細な査読者用ガイドライン、倫理とポリシー情報など、査読者として必要なすべての情報がここに掲載されています。

査読者と協力する

  • 査読者は常に不足しています。査読者とうまく関係を築き、質の高い査読を得るためにできることがいくつかあります。

関連性の高い論文の査読を依頼する

  • 査読者は非常に時間に追われていますので、すぐに却下されるような質の悪い論文の査読のために査読者の時間をとることは賢明ではありません。

査読者にタイムリーに情報を提供する

  • 査読者は論文に対する最終的な決定を知り、その他の査読者のコメントをみたいと思っています。
  • こうした希望に対して、EESの機能を使用することができます。– 詳しくは担当のジャーナルマネージャーにご相談ください。

査読者に感謝する

  • 査読者にとっては少しでも査読の作業に対して感謝を示されることが喜びとなります。
  • 査読者に対し、認定書を与えたり、ジャーナルの年間査読者リストに掲載することで、感謝を示すことができます。

査読者と協力的に働くために

  1. 論文と関連した分野で研究をしている査読者を選択する – 自分の研究に関連があり、興味を持つため迅速に回答をしてくれます。また他の参考文献や不足事項を見つけることもできます。
  2. エディトリアルボードメンバーも活用し、定期的に査読を行っていないボードメンバーを交代させることも検討しましょう。
  3. 過去5年間、研究を活発に行っていない査読者への依頼は、考え直す必要があります。
  4. ジャーナルの最近の著者を確認する – 最近ジャーナルに論文を掲載した若手研究者が質の高い査読者になることがよくあります。
  5. 中堅研究者は比較的査読スピードが遅い傾向があるので、彼らから最適な査読者を紹介してもらうことも一案です。
  6. 必要な査読者だけに依頼する – 必要以上の査読者に依頼をすると、査読者がないがしろにされたように感じることがあります。また決断時に矛盾が生じる場合があります。依頼は、EESでトラッキングできます。

明確なガイダンスを提供する

  • タイムリーで便利なリマインダーなど、査読プロセスの開始時から情報やガイダンスを提供する
  • 査読者に何が期待されるかを説明した査読ポリシーを設定する
  • 明確な査読者ガイドラインを策定する
  • 査読者の依頼書に締切日を記載する
  • 査読者のために自動リマインダーを設定し、関連情報を記載した査読者のレターをカスタマイズする

査読者を見つける

新しい査読者を見つけ、よい査読者を維持するのは簡単でなことではありません。 エルゼビアがお手伝いできるいくつかのことをここにご紹介します。

  • Scopusを検索して、査読者候補を検索することができます。EES AssignmentsのページのScopus検索バーを使用します。査読者候補の出版済み研究、引用履歴、共同著者を閲覧し、研究の引用アラートを設定することができます。
  • ジャーナルに査読者分類リストを作成することで、専門分野に応じて適切な査読者に原稿を適合させることができます。
  • 分類をし、注釈を追加することで、EESに関連査読者のデータベースを構築することができます。 これにより論文のキーワードと一致する査読者を検索することができ、また、査読者の依頼を取り消したり、他の査読者を招待するという自動作業を設定することができます。