Evise

ロゴ

EVISE : Elsevier Editorial System (EES)に替わる新規ジャーナル編集プロセス支援ウェブシステム。

EVISEは EESユーザーと既存EVISEユーザーからなる研究者コミュニティおよびユーザー中心のデザインエキスパートが協力して、継続的に開発しています。ユーザーのニーズ、課題、期待、行動などから得た知見を生かしてユーザビリティを最適化しています。

特長

EVISEは以下のようにすべてのユーザーグループをサポートする機能を提供しています。

すべてのユーザー

  • Elsevier Profileを使用するとユーザーは、すべてのエルゼビアジャーナルやその他の製品(例: Scopus, ScienceDirect, Mendeley)に、同一のユーザー名とパスワードを使用してサインインできます。またユーザー名とパスワードを記憶する機能もあります。
  • 統合された赤黄緑の信号色を使用したコーディングスキームにより、ユーザーは、タスク管理において視覚的に全体像を把握できるようになっています。例えば、このシステムは編集者が処理中の論文レビューを管理するのに役立ちます。
  • ユーザーは、それぞれのタブにある製品を開くことで、その他のシングルサインオン対応のElsevier Profileプラットフォーム(例: Scopus, ScienceDirect, Mendeley)に直接アクセスできます。ある製品を使用していて、次にEVISEを開く場合も同じです。EVISEからログアウトした場合、EVISEにログインしたときに開いたElsevier Profile製品すべてから自動的にログアウトされます。

編集者

  • 編集者は単一の画面上で査読者を検索、招待、管理できるようになり、明確性が向上し、操作を完了するために必要なクリック数が減少しました。
  • CrossCheck iThenticateによる類似チェックが、すべての新規投稿論文について自動的に実行され、編集者が剽窃を検出できるようにサポートします。
  • 編集者はカスタマイズをした決定通知を作成、管理することができ、著者に決定を通知するためにこれを使用できます。
  • 特集号をサポート、管理するための機能を有します。
  • My Reviewers Overviewの表から、“Invitation Status(依頼ステータス)”をフィルターすることができます。 “All Reviewers(全査読者)”または“My Reviewers(自分の査読者)”のどちらかを選択できます。また、表示する列の数を選択できます(25、50、100列)
  • 依頼した査読者の電子メールが未達である場合は( 不在メッセージではなく)、査読者検索時およびManage Reviewers表に警告として表示されます。
  • 改訂版を編集者に依頼する場合、前回処理した編集者がAssign Editorの表に表示されます。

編集者 & 査読者

  • 適切な査読者を検索するにはIntegrated Scopus Reviewer Finder Tool、OmniScience Taxonomyを活用したトピックマッチング、EVISE査読者データベースの複数のオプションがあります。ゴールは、査読者が自分に適した論文を受け取ることです。
  • 編集者と査読者はCrossRefの自動レファレンスリンク機能を使用して書誌レコードに簡単にリンクし、参考資料を確認・閲覧(アクセス権がある場合)することができます。

著者

  • 著者の投稿プロセスは原稿情報の入力、ファイルのアップロード、追加情報の提供、レビュー&投稿の4つに単純化されました:
  • 投稿プロセスを簡略化し時間を短縮するために、著者の投稿ファイルはファイルタイプ別に分類されます。
  • 著者は、EVISEの画面上のリンクからジャーナルにメールを送信できるので、著者とジャーナルのコミュニケーションが向上します。
  • 著者と共著者は、 ORCIDをEVISEにリンクすることで、受理された投稿論文が出版されたときに、自動的にORCIDアカウントに追加されます。
  • LaTeX投稿に対応しています。
  • 著者校正に対応しています。

EVISEにアクセスする

EVISEにログインしたら、Elsevier.comジャーナルホームページ左にある‘Submit Your Paper(論文投稿)’リンクを通じて、ジャーナルのEVISEページにもアクセスできます。EVISEに登録・ログインするには、EVISEのランディングページの指示に従います。Elsevier Profileをお持ちの場合は、Elsevier Profileのユーザー名とパスワードを使用してログインできます。


よくあるご質問(編集者用)

EESからEVISEの移行はジャーナルごとに実施されます。編集者は移行プロセスの開始時に通知を受け、移行チームから連絡を受けて、EVISEを使用したジャーナル管理方法についてトレーニングを受けることができます。

編集者向けFAQ


トレーニング & eラーニング

EVISEトレーニング

編集者は定期的に開催されているEVISEトレーニングセッションにサインアップすることができます。トレーニングセッションは、編集者がEVISEで行う重要な必須の編集業務を網羅しています。トレーニングセッションは1対1で、それぞれの者向けにパーソナライズされています。多くのタイムゾーンに対応しているため、編集者とスタッフは、最も都合のいいトレーニングセッションにサインアップできます。編集者がEVISEの基礎的な使用方法を習得した後も、トレーニングチームはより専門的なQ&Aセッションを提供し、サポートを継続しています。

EVISE編集者向けトレーニングにサインアップするには、こちらをクリックし、希望するトレーニングの言語と時間帯を選択してください。講師から詳細についてご連絡いたします。

eラーニング

EVISE eラーニングプラットフォームはすべてのユーザーグループにサポートを提供しています。

互換性についての注意: eラーニングプラットフォームには、Chrome、Firefox、IE8以降を使用することをお勧めします。IE7ではご使用になれません。IEを使用している場合は、表示に関して問題が起きないように、必ず互換モードを有効にしてください。互換設定の確認は、ツール > 互換表示設定で可能です。

編集者向け動画デモ

EVISEサポートのYouTubeチャンネルでは、EVISEのご紹介など編集者向け動画や、EVISEについてのよくある質問に対する回答をまとめたミニビデオなどがあります。この動画は、EVISEを使用してよりシンプルにかつ容易に編集業務を行う方法を示した視覚的なクイックレファレンスとなっています。

中国からリソースにアクセスする場合は、こちらをクリックしてください。


ヘルプ

EVISEユーザーをサポートするために、eラーニングプラットフォームの他にもいくつかのリソースを開発しており、すべてサポートページからご利用になれます。

  • Editor Quick Guide to EVISE(編集者用EVISEクイックガイド):編集ワークフローの重要なタスクに関してステップバイステップのガイドブック
  • FAQと“how to”記事
  • メールとチャットによるサポート(毎日24時間利用可能)
  • 電話サポート(週5日24時間利用可能)