Article Transfer Service

Article Transfer Serviceの意義

原稿がご自分で選択したジャーナルでの出版に適さないとみなされた場合は、編集者はエルゼビアのArticle Transfer Service(ATS)により、より適切なジャーナルに移行する提案をする場合があります。これに同意された場合、原稿は書式の変更なしに移行されます。

ATSで提出原稿を移行することで、以下のような利点が得られます:

  • フォーマットを変更したり、再提出する必要がありません。エルゼビアが、原稿をあなたに代わって速やかに移行します。
  • 編集時間の短縮 – 可能であれば、編集者は以前の査読者の査読をそのまま利用できます
  • 出版のオプションを最大化する
  • 論文を改訂する – 新しいジャーナルに最終提出する前に、査読を考慮に入れることができます。
  • 原稿の最初の提出日をそのまま使える
  • 主導権を保つ – 最小の手間で主導権を保つことができます。移行に同意をするには、一回クリックするだけです。

移行方法

ATSによる投稿論文の移行は非常に簡単です。

  1. 移行のオファーは電子メールで届きます – リンクをクリックしてトランスファープロセスを開始します。
  2. 適切な受け入れジャーナルを選択すると、論文は自動的に移行されます。
  3. この時点で、投稿論文を改訂する機会があります – 変更箇所を説明した‘response to reviewers(査読者への回答)’文書を提出します。
  4. 次に提出を完了し(ジャーナルによっては追加ファイルが必要な場合もあります)、PDFを承認し、提出します。

別のジャーナルを選択する

別のジャーナルへの投稿を希望する場合は、移行の提案に同意せずに、新しいジャーナルに提出するのみです。


エルゼビアは原稿投稿と査読プロセスの改良を支援しています。

査読は、科学の品質を評価する確立された方法として、著者、読者、査読者、編集者の間の交流とコミュニケーションにおいて重要な役割を担います。しかし、従来の論文投稿と査読プロセスには欠点があり、時には不満もあることをエルゼビアでは認識しています。私たちの目標は、すべての関係者のために迅速で効果的、かつ真に革新的な解決方法を開発、促進し、論文投稿と査読プロセス全般を改善することです。

従来の出版プロセスは変化しており、エルゼビアはさまざまな学問分野においてリンクされたジャーナルのグループを新しく確立しています。これによりジャーナル相互のコラボレーションを促進し、出版プロセスを改善するためにより多くのオプションとより良いサービスを提供することが可能になっています。