Hannfried von Hindenburg

上級副社長 グローバル広報担当

Hannfried von Hindenburg

Hannfried von Hindenburgは、20年以上にわたりアジア、米国、ヨーロッパでさまざまな業界の経験がある熟練した広報専門家です。学界とジャーナリズムの両方で数々の職につき、国際関係問題について出版をし、番組の総合司会者を務めたこともあります。

2015年、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)からエルゼビアに入社しました。現在は香港に拠点を置き、アジアグループの広報全般を担当しています。それ以前ワシントンD.C.に拠点を置いていたころから、広報戦略、ソーシャルメディア、ソートリーダーシップ、コーポレートブランドおよびレピュテーションマネジメントにフォーカスしてチームを率いてきました。IFCに入社前は、ドイツのReutersで9年過ごし、e-ビジネス開発を担当、ビジネス、財務、経済政策の分野で編集員、印刷版およびテレビ番組のレポーターとして活躍しました。

フルブライト奨学生として、ミシガン大学アナーバー校でヨーロッパ史修士を修め、ベルリン自由大学で国際関係博士号を取得しており、 Asia-Pacific Association of Communication Directors (APACD)の創立会員でもあります。

インタビューのお問い合わせは、広報オフィスまで電子メールでご連絡ください。