Alexander van Boetzelaer

エグゼクティブ・バイス・プレジデント 戦略担当

Alexander van Boetzelaer

Alexander van Boetzelaerはエルゼビアの戦略担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントです。 エルゼビアの全体的な戦略の実施、営業とマーケティングの効果、および価格決定管理を担当しています。

以前はエルゼビアのR&Dソリューション事業のマネージング・ディレクターを務め、生命科学、エンジニアリング、地球科学、企業調査のR&Dに関する意思決定と成果を加速し、改善する情報ソリューションの開発と実現のあらゆる側面を担当しました。新製品と技術に対するオーガニックと非オーガニックな投資によるR&D Solutions事業の継続した成長を監督し、製品中心のマーケティングおよび営業組織から、顧客中心の組織への変革を主導しました。その前は、エルゼビアの科学&技術部門担当のディレクターで、学術&政府市場のビジネスデベロップメント担当ディレクターでした。この役割においては、エルゼビアの最大の事業に関して戦略的なロードマップを策定し、推進しました。2006年にエルゼビアに入社する前は、Booz Allen Hamiltonのマネージメントコンサルタントとして、主にヨーロッパ全体の消費者向け商品、金融サービス、テレコミュニケーションに対して、企業&革新戦略の開発に携わりました。

Alexanderは、オランダのライデン大学において民法で修士号を、また歴史学で学士号を取得しています。

インタビューのお問い合わせは、広報オフィスまで電子メールでご連絡ください。