一般の読者とメディアによるアクセス

オープンコンテンツ
エルゼビアでは読者が無料でアクセスできるオープンアクセス論文を発行しています。またオープンアーカイブにより論文を幅広く入手可能にし、CHORUSサービスにより原稿をオープンにしています。

メディアのアクセス
研究論文についてはメディアには制限なくアクセスを提供しており、定期的に2,000人のジャーナリストに配信され、メディアが一般読者に関連のある注目の論文を報道できるようにしています。

Wikipedia編集者のアクセス:
Wikipedia編集者向けに2,500冊以上のジャーナル、900件以上のシリーズ、26,000冊以上の書籍タイトルに無料でアクセスを提供し、たくさんの人々に対して各言語で科学的知識を普及するようにしています。

ノーベル賞トリビュート
エルゼビアが発行しているノーベル賞受賞者の作品のコレクションを毎年無料で利用可能にしているほか、Elsevier Connectで受賞者に対する祝賀記事を掲載しています。

Elsevier Connect
科学における画期的な発明からイベントのパートナーシップ、意見記事に至るまで、Elsevier connectは科学、テクノロジー、医療に関する記事を掲載しています。

オンサイトアクセス
一般の読者はScienceDirectプラットフォームにAccess to Research(リサーチへのアクセス)プログラムに参加している大学の図書館またはイギリスの公営図書館からアクセスできます。

論文レンタル
:250誌以上のエルゼビアのジャーナルに掲載された論文がDeepDyveを経由して非常に低費用でレンタルできます。  24時間有効な読み取り専用PDFは論文当たり$0.99から$3.99でレンタルできます。

ゲストユーザーアクセス:
ゲストユーザーとして誰でも無料でScienceDirectのすべての抄録と引用にアクセスでき、アラートにサインアップできます。

緊急リソースセンター:
エルゼビアは精選された関連リサーチに無料でアクセスを提供する専用のリソースセンターを設置しています。こうすることで研究者、政府、各機関が災害や英国の欧州連合の脱退など特殊な状況から影響を受けた場合、重要なコンテンツにアクセスし、研究を続けることができます。

特集記事および特別号
: エルゼビアは、「最もダウンロードされた論文」、「最も引用された論文」などのプロモーションキャンペーンや特別号により、研究者向けに論文をプロモーションしています。こうしたキャンペーンに含まれる論文は限られた期間中、全読者が無料でアクセス可能となります。