コンテンツへのアクセス

重要な科学情報や医学情報にアクセスできる、無料または低料金のプログラム

エルゼビアが出版する書籍やジャーナルを日常的に使用している研究者や学生から、自分の治療に関する情報が必要な患者の方にいたるまで、エルゼビアでは、人々が必要な情報にアクセスするためのさまざまなアクセスオプションがあります。

一般の方

  • オープンコンテンツ: エルゼビアは、読者が無料でアクセスできるオープンアクセスコンテンツを公開しています。オープンアーカイブや公開原稿がその例で、CHORUSサービスを経由してアクセスできます。
  • メディアのアクセス: 研究論文については、定期的に1,500人のジャーナリストに配信され、メディアが一般読者に関連のある注目の論文を報道できるよう、アクセスに制限を設けずに提供しております。
  • Wikipedia編集者のアクセス: Wikipedia編集者向けに2,500冊以上のジャーナル、900件以上のシリーズ、26,000冊以上の書籍タイトルに無料でアクセスを提供しています。詳細はこちら
  • ノーベル賞記念: エルゼビアが出版したノーベル賞受賞者の出版物を自由に利用できるようにしています。
  • Elsevier Connect(エルゼビア・コネクト): Elsevier Connectに掲載されている論文は90日間誰でも無料でアクセスできます。
  • オンサイトアクセス: ScienceDirectプラットフォームはAccess to Researchプログラムに参加している大学の図書館、またはイギリスの公立図書館からであれば一般読者もアクセスができます。
  • 論文レンタル:エルゼビアの250タイトル以上のジャーナルに掲載された論文を、DeepDyveを経由して非常に低コストでレンタルできます。24時間有効な読み取り専用PDFは論文当たり$0.99から$3.99でレンタル可能です。
  • ゲストユーザーアクセス:ゲストユーザーとして、誰でも無料でScienceDirect中の全ての抄録と参考文献情報にアクセスでき、アラートにサインアップできます。
  • 緊急アクセスイニシアチブ: 災害で被害を受けた地域の医療専門家や図書館向けに、バイオメディカルシリーズの650以上のタイトル、4,000冊以上の参考書籍、及び、オンラインデータベースからフルテキストへの無料アクセスを提供しています。これらは医療スタッフや関係者に対応し続ける必要がある被災図書館の一時的な蔵書の代替物あるいは補足資料となります。また特定の災害に対応する医療スタッフも利用可能です。

開発途上国

  • Research4Life: Research4Lifeにより、エルゼビアの3,100以上のジャーナルと13,000冊以上の電子書籍に無料または低料金でアクセスを提供しています。
  • International Centre Theoretical Physics (ICTP) eジャーナル・デリバリー・サービス: 十分な回線容量へのアクセスがない、または資金的にコンテンツにデジタル接続することができない開発途上国で研究をしている科学者に無料で技術ソリューションを提供しています。このサービスは、開発途上国で物理、数学、コンピューターサイエンスの分野で研究をしている研究者を対象としています。
  • Library of Alexandria: 特に厳しい環境の開発途上国や極貧国で熱帯医学や持続可能な開発などの分野の研究をしている研究者に、ScienceDirectとScopus、両方のアクセスを提供します。
  • オープンコンテンツ: エルゼビアは、読者が無料でアクセスできるオープンアクセスコンテンツを公開しています。オープンアーカイブや公開原稿がその例で、CHORUSサービスを経由してアクセスできます。
  • TEEAL: 開発途上国のインターネットアクセスがない場所で研究をしている農業研究者に 数千件に上るフルテキスト論文をPDFで提供します。

研究者&学生

  • ScienceDirectへのアクセス:エルゼビアはオンラインプラットフォームであるScienceDirectを通じて1,400万人以上の研究者にアクセスを提供しています。 エルゼビアではさまざまな方法でアクセスを購入できるように種々の購読方法を提供しており、研究者の方には図書館や情報スペシャリストにご自身のアクセス権について確認いただくことを推奨しております。
  • 個人アクセスElsevier Store(エルゼビア・ストア)経由) – 個人向けに多数のタイトルのオンライン・印刷購読権を提供します。
  • オープンコンテンツ: エルゼビアは、読者が無料でアクセスできるオープンアクセスコンテンツを公開しています。オープンアーカイブや公開原稿がその例で、CHORUSサービスを経由してアクセスできます。
  • ポスドクアクセスプログラム:特定の研究職についておられない博士号取得者の方ににScienceDirectへのアクセスを提供しています。
  • 障がいをお持ちの方へのアクセス提供 : エルゼビアでは、障がいをお持ちで、紙の印刷物を読むことが困難である方を支援するための代替ファイルを提供します。キャンパスの障がい者向けサービス提供の方は、AccessTextNetworkまたはエルゼビア障がい者サービスリクエストフォームを使用してファイルをリクエストすることができます。
  • 特集記事および特別号: エルゼビアは、特別号プロモーションキャンペーンの一環として、「最もダウンロードされた論文」、「最も引用された論文」などを、研究者向けに定期的にプロモーションしています。こうしたキャンペーンに含まれる論文は一定期間の間、どなたでも無料でアクセス可能となります。
  • 共有リンク:エルゼビアで論文を出版した著者は、出版した記事を共有できるリンクを受け取ります。リンクを使用すると、50日間、ScienceDirect上の論文に自由にアクセスできます。
  • 購入オプション:エルゼビアは1件の論文を購入するオプション(Pay-per-view)と複数の論文を購入するオプション(Article Choice)を提供しています。またIngentaSubitoなどの文献複写業者とも提携しています。
  • オンサイトアクセス: ScienceDirectプラットフォームは、どの購読図書館からでも、一般読者がオンサイトユーザーとしてアクセスできます。
  • オープンデータ・パイロット:  論文をダウンロードした場合、研究のオリジナルデータも自由に利用可能となり、論文と合わせて利用できます。

医療関係者 & 患者

  • Advances in Gastrointestinal Cancer Resource Centre(消化器癌研究センターの成果):医療関係者に、ジャーナル論文、患者の症例報告、専門家インタビューの形式で、最新の研究結果へのアクセスを提供しています。同センターはEuropean Journal of CancerClinical Colorectal Cancerが運営しています。
  • Bookshare:エルゼビアは、障がいを抱え紙媒体を読むことが困難である人々のための世界最大のオンラインライブラリであるBookshare.orgに、主なタイトルのコレクションを提供しています。
  • Load2Learn: エルゼビアはRNIB (Royal National Institute of Blind People UK)が運営するウェブベースサービスのLoad2Learnと協力し、視覚障がいの学生と失読症の学生がアクセス可能なフォーマットで、エルゼビアが出版した研究を提供しています。
  • The Royal Flying Doctor Service (RFDS): エルゼビアは200名以上のRFDA臨床スタッフに対して、ClinicalKey↗のアクセスを無料で提供し、オーストラリアの遠隔地のコミュニティで、緊急医療サービスとプライマリケアサービスの双方を継続して提供できるようにしています。
  • ElsevierのZika Virus Resource Centre(ジカウイルス・リソースセンター): The Lancetなどのコンテンツや世界で有名な感染症の専門家Dr. Raphael Dolinなどによる専門家情報など、エルゼビアの最新リソースのコレクションです。

企業

  • カスタマイズ製品: 企業にはさまざまなアクセスニーズがあるため、エルゼビアではそれらを満たすための数種類のカスタマイズ製品を開発しております。これらの製品は、よりよい意思決定と、イノベーションを推進するフォーマットで、情報提供をしています。
  • 論文個別購入: 論文はクレジットカードを使用したPay-per-view方式の電子書式、または紙媒体として、ご発注頂けます。そのほかDeepDyveを使用して購入していただくこともできます。
  • 中小企業向けパイロット事業(英国での実験的事業): 小規模企業(正社員数25名以下)のニーズを理解するために、BiocityとSci-Techと2つのアクセスパイロットを実施中です。