査読者ガイドライン

査読依頼を受ける

writing_あなたが査読を担当する論文は、あなたが専門とする分野に完全に合致していなければなりません。あなたにコンタクトをとる編集者は、あなたが専門としている研究内容に精通しているわけではなく、漠然とした知識しか持っていない可能性があります。依頼をうけた論文の査読を行うために適していると判断された場合にのみ、査読をお引き受けください。
利益相反が潜在的に存在する場合は査読をお引き受けにならないでください。

必ずしも利益相反が存在する場合は査読を行ってはならないということではありません。しかし、あらゆる情報を編集者にお伝えいただければ、編集者は十分な情報を得たうえでの的確な判断を下すことができます。例えば、あなたが著者と同じ部門や施設で仕事をしている場合、あなたが著者と共に以前に論文の執筆に関わったことがある場合、あるいは該当する論文に関して職業上、または経済的に関与している場合などがこれに相当します。こうした事実は、編集者からの査読依頼に返信する際にまとめて伝えてください。

査読を行うための時間を十分に確保できるかご確認ください。査読には実に多くの時間が費やされる場合もあります。査読に必要な時間は、分野や論文の種類に応じて大きく異なりますが、平均的に1つの論文を適正に査読するにはおよそ5時間が必要といわれています。査読の提出期限日まで、査読のための十分な時間を確保することができるか確認してください。

査読を引き受けることと、期限日を守ることの重要性をご理解ください。
査読の提出期限はジャーナル毎に異なります。編集者は、査読を依頼するときに予定している提出期限日をお伝えします。その条件で査読を引き受けることができるか一両日中にご回答ください。あなたが査読を期限までに完了することができるか否かは、編集者にとって重要です。また、査読の依頼を断っても何ら不利益はは生じませんのでご安心ください。

査読を完了させるために通常よりも長い期間が必要であるとお考えのときは、編集者伝えて話し合ってください。編集者は別の査読者をご推薦いただくようにあなたにお願いするかも知れません。または、提出期限の延期を提案するかも知れません(論文の内容が高度に専門的であるため、査読者を見つけることが困難な場合など)。しかし原則として、提示された期限日までに査読を完了させることができない場合は、査読の依頼を辞退してください。


査読のプロセスRev_process

 

 Back to top

査読をおこなう

倫理
守秘義務
独自性・独創性
構造
過去の研究
サポートが必要なときは



倫理

剽窃
大部分が他の論文の内容を盗用した論文であると疑われるときは、編集者にお知らせください。その際は、盗用されたと思われる論文に関する情報をできるだけ詳しくお伝えください。

捏造
捏造行為特定することは極めて困難です。しかし、論文に書かれている結論が真実ではないと疑われるときは編集者に伝えてください。

その他の倫理上の懸念事項
医療分野の研究では、機密性が適正に守られているか、実験の対象となる動物または人間の倫理的な扱いに関して受理された規範に反する行為は行われていないか。こうした行為が行われている場合は、編集者に伝えてください。

詳しくは、出版倫理に関するページををご覧ください。



守秘義務

他者への開示の禁止
査読を目的に受け取った原稿は他者に開示することはできません。原稿は、編集者による許可がない限り、他者に見せたり、説明したりすることはできません。投稿された論文の中にある未公開の内容は、著者の書面による同意なく、査読者が独自の研究活動の中で用いることはできません。査読を通して得た情報や発想は非公開情報として取り扱い、査読者には守秘義務があり個人的な利益のために利用することはできません。

査読の際に他の研究者の見解を求めることは場合によって妥当な行為となりますが、これを行う際は事前に編集者に知らせなければなりません。多くの編集者は追加的な意見を歓迎しますが、誰が査読プロセスに関与しようとも、査読には守秘義務があります。査読を学生に委ねる場合、その学生本人が査読者として編集者と直接連絡を取り合うべきです。

通常、査読者の個人情報が著者に知れることはありません。
ジャーナルによって慣例は異なりますが、多くのジャーナルでは査読者が誰かということ著者に知れることはありません。これをより確実に実践することができるように、査読コメントの中に自分の名前を書き込まないでください。また、当然ながら、あなたから著者に連絡を取る行為は控えてください。



独自性・独創性

論文には十分な新規性があり、出版するに値する興味深さが存在しますか? 論文は新たな知識としての価値を持っていますか? 論文はジャーナルの基準を順守していますか? 研究課題の重要性はどうですか? 独自性・独創性、およびジャーナルに対する妥当性を判断するには、その論文の研究分野におけるパーセンタイル値を参考に検討するとよいかも知れません。その論文はこの分野の論文の上位25%以内に入るものでしょうか? Scopusなどのツールを使用して、この分野のレビュー・批評が存在しているか調べてみるのもよいでしょう。この研究内容がすでに過去に扱われているときは、そうした研究の文献情報を編集者にお知らせください。



構造

レイアウトとフォーマット
著者は、ジャーナル毎に定められた投稿規定に沿って原稿を用意することが求められます。投稿規定との違い極めて大きく、編集者がこの点について、査読を依頼した際に言及していないときは、編集者に連絡を取って話し合うことができます。あるいは、このことを査読の中で指摘してください。原稿の内容が良い場合、編集者はフォーマットに関する違いを問題としないこともあります(例えば、著者が専門分野以外の出身者であるが、このジャーナルの読者に何か価値ある内容を持っている場合)。また、編集者は出版前に著者に論文の構造の組み立て直しを求めることもあります。

タイトル
論文の内容を明確に表現していますか?

抄録
論文の内容が的確に反映されていますか?

序論
著者の目的が的確に示され、また調査対象となる問題点について明瞭に言及されていますか? 通常、序論では関連する研究をまとめ、その背景を示し、もしあれば他の研究者によるどの研究結果について検証したり更に発展させているのかを説明するべきです。さらに実験の内容や仮説について解説し、実験計画や実験方法の概要も説明されていなければなりません。

グラフィカルアブストラクトやハイライトの使用

論文中にグラフィカルアブストラクトやハイライトが含まれている場合は、内容を確認し、可能であれは改善策を提案してください。図表は読み手に必要な情報を与え、論旨を展開する上で重要な役割を担っていますか? 図は、データを正確に反映したものですか? 採用した複数の図の間に一貫性はありますか? 例えば、チャートの中のバーの幅は同じで、軸の縮尺比は一様ですか? グラフィカルアブストラクトハイライトに関する詳細情報もご覧ください。

方法
データの収集方法について正確に記述されていますか? 提示された問題に適切に応える構成となっていますか? 研究内容を再現するために十分な情報が示されていますか? 論文には、採用された手順が具体的に示されていますか? これらの手順は、有意な方法で並べられていますか? 新しい方法であれば、詳細な説明がなされていますか? 適切なサンプリングが行われていますか? 設備や素材について適切に解説されていますか? 論文には、どのような種類のデータが記録されているのか明確に示されていますか? 測定結果は正確に記述されていますか?

統計学上の誤り   

生じやすい誤りについては、こちらに解説してあります。

結果     

ここで、著者が研究を通して何を発見したのかが述べられているはずです。明確かつ論理的に説明が行われていなければなりません。あなたは、適切な分析が行われているか検証する必要があります。統計データに誤りはありませんか? 統計データに疑念が残るときは、査読コメントを提出する際に編集者にそのことをお伝えください。このセクションでは、結果についての考察はこのセクションで示されるべきではありません。

結論/考察

このセクションに述べられる主張の内容は、研究結果により裏付けられていますか? それらの主張は合理的(妥当)であると思いますか? 研究結果と予測した内容や過去の研究結果との関連性が示されていますか? 論文の内容は、過去に示された理論を裏付けるものですか? それとも、それらと相反するものですか? 結論には、今回の研究活動が、科学的知見をどのように進歩させたのかが説明されていますか?

言語
論文中に文法上の誤りが多く、読みづらくて内容を把握するのが困難であっても、書かれている英語そのものを修正する必要はありません。英語に問題があることを編集者にお伝えください。


論文が過去の研究を踏まえて書かれている場合、論文はその研究について適切に言及していますか? その他の重要な研究が見落とされていませんか? 参考文献は正確に示されていますか?



サポートが必要なときは

内容について
論文の内容に関する質問があるときは、ジャーナルの編集者、または編集部にお問い合わせください。

技術的な問題について
Elsevier Editorial SystemEES)に関する技術的な問題が生じた場合に備えて、エルゼビアではヘルプデスクを用意しておりますのでご利用ください。また、お電話にて直接お問い合わせいただくことも可能です。

南北アメリカ:+1 888 834 7287(米国とカナダからは通話料が無料です)
アジア太平洋地域:+ 81 3 5561 5032
欧州、およびその他の地域:+44 1865 84 3577

Back to top

査読レポートを提出する

論文の評価が完了したら、査読レポートを作成してください。査読レポートを作成する上での要点を以下にまとめています。

プロセス

査読のフォーマットについてはエルゼビアのオンライン投稿・査読システム (EES)から送信されているインストラクションを参照ください。

査読者のコメントの閲覧

著者は、著者に宛ててあなたが書いたコメントのみを閲覧することができます。時として、編集者は査読者のコメントの内容を編集することがあります。

他の査読者のコメントはEESを介して閲覧することができます。ただし、すべてのジャーナルでこの機能を活用しているとは限りません。あなたが担当したジャーナルでこの機能が活用されていなければ、自身の査読の内容に対するフィードバックや、論文が最終的に受理されたか却下されたかに関して知りたい場合は、編集者にご連絡ください。

概要の提供
ジャーナルによっては、論文の様々な点を確認するために所定の査読フォームが用意されていたりあるいはあなたの所見の要旨が求められます。いずれの場合も、査読レポートの冒頭で論文の概要を示すとよいでしょう。これを行うことで、報告書の内容を詳しく編集者に示すと同時に、あなたが論文の内容を理解していることを著者と編集者に示すことができます。

査読の要旨査読レポートには、あなたが行った査読の主なポイントを示してください。コメントは丁寧に、かつ建設的に書き、あなたの名前をはじめとする個人を特定することができる発言や情報を記載しないようにしてください。

あなたが下した判断についての説明
不足している点について詳しく指摘することが重要です。あなたが示すコメントの論拠を編集者と著者が正しく理解することができるように、自身が下した判断について説明し、裏付けを示す必要があります。また、あなたのコメントは独自の見解に基づくものなのか、特定のデータを反映させたものであるのかを示してください。

査読者としての提案の分類
ある論文に関して査読者としての提案を示す際には、編集者が用いているカテゴリーを参考にするとよいでしょう。
・Reject (却下)(その理由を報告書に示してください。)
・Accept without revision (改訂なしの受理)
・Revise (改訂)(改訂の規模が大きいか、小さいかを示してください。)

必要な改訂内容の指摘
必要となる改訂内容について具体的に指摘し、改訂後の論文の査読もあなたが引き受けるか否かについても編集者に意思表示してください。

受理/却下
特定の原稿を受理するか、あるいは却下するかの最終的な決定は編集者が行うことになります。エルゼビアは、この決定について何ら役割を担いません。編集者は、あらゆる見解の内容を評価して第三者の意見を求めるか、著者に論文の改訂を求めた上で最終的な決断を下します。

Elsevier Editorial System(EES)を通じて、査読者には自身が査読した論文の最終結果が伝えられます。特定のジャーナルについてこの機能を有効化するかどうかは、担当する編集者の裁量に委ねられます。もしこの機能が有効化されていないジャーナルで査読を担当した際に、論文が最終的に受理されたか、却下されたかを知りたい場合は、編集者にお問い合わせください。

 

Back to top

編集者からのアドバイス

From Paul Haddad, Editor in Chief of the Journal of Chromatography A From Joseph Alpert, Editor in Chief of The American Journal of Medicine


From Paul Haddad, Editor in Chief of the Journal of Chromatography A

1. Be critical. It is easier for an editor to overturn very critical comments than to overturn favorable comments.
2. Justify all criticisms by specific references to the text of the paper or to published literature. Vague criticisms are unhelpful.
3. Don't repeat information from the paper, such as the title and authors names, since this already appears elsewhere in the review form.
4. Check the Aims and Scope of the journal to ensure that your comments are in accordance with journal policy.
5. Give a clear recommendation. Don't put "I will leave the decision to the editor" unless you are genuinely unsure of your recommendation.
6. Number your comments so that the authors can easily refer to them.
7. Be specific - refer to line numbers in the paper or to exact regions where you wish changes to occur.
8. Be careful not to identify yourself by your comments or by the file name of your report if you submit it as a Word file.

  


From Joseph Alpert, Editor in Chief of The American Journal of Medicine

 1. It is a professional honor to be invited to review a scientific manuscript as part of the peer review process. Please take this job seriously. The journal's reputation depends in part on this peer review process.

 2. It is important to ensure that the subject of the manuscript is within your purview of expertise. Thus, if you are an interventional cardiologist, it would probably be best if you declined an opportunity to review a manuscript involving the pathogenesis of an arrhythmia.

 3. Read the abstract first to see if what the authors are stating makes logical sense, and if it is written in a way that is comprehensible. Some manuscripts involve excellent work and interesting observations, but they are so poorly written that it is difficult to understand what the author is saying. This is a relatively common problem with authors whose native language is not English. If the work reported in the manuscript looks interesting and/or valuable, the manuscript should be sent back for editing by a native English speaker or professional translator.

 4. Is the observation made and reported in the manuscript something new or is it work that reproduces previously made observations? Clearly, the more original the observation, the more likely that the manuscript should be accepted for publication.

 5. Examine tables and figures to see if the legends are clear and if the tables and figures demonstrate the same thing that is stated in the text. Frequently, material placed in a table does not have to be reported in detail in the Results section of the manuscript.

 6. Look to see if the statistical analysis seems to make sense. Are the differences reported in the statistical analysis of sufficient magnitude to be of biological/clinical significance. Sometimes, a small statistically significant difference between two or more groups of patients is so small as to be (as my mentor Lewis Dexter used to say) "biologically insignificant."

 7. Examine the methods to make sure that the authors knew what they were doing. If their laboratory analyses were just run on a commercial kit without input from someone in the hospital or medical school laboratory, these results may be of lower quality and higher variability. Make sure that the study is based on a sufficient number of patients or measurements. Ask a biostatistician to review the manuscript if there is any question of the reliability of the analyses performed.

 8. Read the discussion and see if it makes sense and if it reflects what the data in the article report. Look for unnecessary conjecture or unfounded conclusions that are not based on the evidence presented.

 9. Is the manuscript concise and well organized? Most of the manuscripts that I receive could be shortened with improvement.

 10. Is the quality of the figures or photos adequate for accurate reproduction?

 11. Has the author followed the instructions to authors that are part and parcel of your journal's submission criteria?

 12. If the review is not blinded, i.e., you know what institution the authors did the work, do the authors have a "track record" of working in this area, and are they from a reputable institution? Are there potential conflicts of interest either declared or not declared but known by the reviewer?

 13. Was there appropriate informed consent (human experiments) with documentation that a human or animal protection committee reviewed the protocol prior to the initiation of the study?

 14. Is the manuscript full of typographical errors and/or mistakes in references that imply a sloppy job of putting the manuscript together?

 15. Subjectively, do you believe what the authors are telling you or do you suspect some consistent error in the hypothesis, methods, analysis of data, etc.? Is there some chance that there is scientific fraud or plagiarism involved in this manuscript?

Back to top