Reaxys: ユーザー向け情報

資料請求製品ログイン

Reaxysは、化学反応情報と実測物性値を収録した世界最大級の化合物・反応データベースです。有機化学から無機化学、有機金属、錯体化学まで幅広くカバーし、物質化学研究にかかわるすべての研究者のワークフロー効率化をサポートします。

Reaxysニュースレター

企業向け/Corporate Users 大学・政府機関向け/A&G Users
購読方法:貴社名、部署名、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを企業窓口(jp.corporate@elsevier.com)にお送りください。 購読方法:貴機関名、学部/部署名、氏名、メールアドレスを大学・政府機関窓口(jp.pr@elsevier.com)にお知らせください。

News

ニュース



活用事例

バージョンアップ情報

2014年4月バージョンアップ情報

Reaxysが2014年4月にバージョンアップし、以下の機能強化が行われました。

・インターフェースの改良
・Ask Reaxysによる文脈検索機能の搭載
・Reaxys Treeによるタクソノミー表示とナビゲーション機能
・Formula Builderによる分子式入力の簡易化

スクリーンショットを含む詳細pdfはこちら → 2014年4月バージョンアップ情報


過去のバージョンアップ情報

2009年のリリース以降の履歴をまとめてご案内しています。

検索例

これからReaxysを使う方のために:初めてReaxysを使う方はまずこちらをご覧ください。

各種資料

オンライン講習会初級編

Reaxysの使い方をご紹介するオンライン講習会(録音版)です。今後もラインナップを拡充していく予定です。

Reaxysを使いこなすために(初級編):Reaxysを使いこなしていただくために必要な資料をまとめました。

各種資料

利用目的から探す検索補助資料

Reaxysでどのような検索をしたいか、利用目的にあわせた検索補助資料をご紹介しています。

1.Reaxysでの反応検索方法(部分構造・反応類似性検索)

2.Reaxysでの文献検索方法

3.MarvinSketchでの操作

4.検索結果関連

5.MarvinSketch以外の構造式描画ソフトの利用

6.その他

Reaxysの一歩進んだ検索(応用編):検索フィールドを利用した検索条件の設定により、高度な検索が可能です。

各種資料

検索フィールドの使いこなし

Reaxysの検索テクニック活用例

  • 反応マッピングとAnalysis View機能の活用
    検索例:マンガンを含む触媒存在下における炭素‐炭素結合のカルボン酸への酸化的開裂に関する特許情報を検索する
    (活用したテクニック: Reaxys Generics、反応マッピング、Analysis View機能)
  • 反応式と反応データの組み合わせ検索
    検索例:シトクロムP450によるピペリジンのヒドロキシル化反応
    (活用したテクニック: データフォームを利用した構造式との組み合わせ検索)
  • 選択的な官能基変換反応
    検索例:出発物質に含まれるカルボニル基のうち、ケトン基を第二級アルコールに還元するがアルデヒド基は還元しないような反応を見つける
    (活用したテクニック: 反応マッピング、置換数の制御、同一分子上にある複数の官能基の指定)
  • Advanced Searchとエクスポートしたデータの活用
    検索例:無機化合物の密度と特定の波長における屈折率の関係を調査する
    (活用したテクニック: Advanced Searchによる物性値の範囲指定)
  • 有機金属錯体の検索
    検索例:特定の構造を持つ有機イリジウム錯体の類似体について、特許中のMarkush構造を参照する
    (活用したテクニック: Topology機能、配位化合物の結合表記、複数の原子を許容する表記)

よくあるご質問 (FAQ)

ヘルプデスクによくいただくご質問の検索例を掲載しています。

基本情報

基本資料

ReaxysでScienceDirect/Scopusと同じUsername/Passwordをご使用いただけます。再登録の詳しい手順はReaxysアラートと検索履歴の再登録方法の詳細手順をご参照ください。

ReaxysユーザーID登録方法

ユーザー登録/ログインすると、セッション時間の延長(30分から6時間へ)、History機能の利用、デフォルトの描画ソフト以外の描画ソフトの設定などの便利なパーソナル機能を利用できるようになります。

設定に関するお問い合わせはへルプデスクまで。

オンライン講習会

不定期に開催しています。録音版と合わせてご利用ください。一覧はこちらから。

動作環境

最新のReaxys動作環境はReaxys画面左下のAbout Reaxysリンクよりご確認いただけます。

Windows Mac
基本ソフト(OS)
Windows 2000/Vista/7 Mac OS X 10.4 以降
インターネットブラウザ
Microsoft Internet Explorer 7/8 (Java 1.6.0_11 以上)/9-11
Firefox 3~3.5、3.6 (Java 1.6.0_11 以上)、4 以降
Google Chrome 10 以降
注: JavaScript とcookies が有効であること
Safari 4.0 以降
Firefox 3.X/4 以降
Google Chrome 10以降
注: JavaScript とcookies が有効であること
Java Runtime Environment (JRE)
Java Version 5.0 Update 1
(JRE Version 1.5.0_01) 以降  ※ただし Java Version 6 update 10 を除く
Apple Java Version 5.0 以降
構造式描画ソフト
MarvinSketch (ChemAxon)
ISIS/Draw (Symyx)
Accelrys/Symyx Draw (Accelrys)
CrossFire Structure Editor (Elsevier)
ChemDraw pro 以降(CambridgeSoft)
ICEdit (InfoChem)
※MarvinSketch 以外は別途plug-in が必要です。
ダウンロードはこちらから
MarvinSketch (ChemAxon)
ChemDraw 12 以降(ChemAxon)
※ただしMac OS X 10.5 以降

使い方に関するお問い合わせ

エルゼビア・ジャパン株式会社 ヘルプデスク
E-mail: jpinfo@elsevier.com
Tel: 03-5561-5035

Reaxys® and the Reaxys® trademark are owned and protected by Reed Elsevier Properties SA. All rights reserved.