エルゼビア・ニュースレター:企業向け

このニュースレターは、ScienceDirect、Scopusをはじめとする、エルゼビアの出版物・電子製品をご利用の企業の皆様に配信しています。

10月15日号

目 次

 1. ノーベル物理学賞受賞の「青色LED」を事例にした
   「新規事業におけるプロセスイノベーションの重要性」論文を紹介
 2. Scopusを活用した研究開発動向分析:VALUENEXコンサルティング株式会社
   「エネルギーハーベストの研究動向と展望」
 3. Scopus10周年記念~分野別トップ被引用論文の紹介
 4. ScienceDirect電子ジャーナル新タイトル及びバージョンアップ情報
 5. 2015年冊子体ジャーナル価格表
 6. Lancetが新ジャーナル「The Lancet Psychiatry」を創刊                
 7. Book オンライン版新刊のご紹介
    -Pathobiology of Human Disease (ヒト疾患の病理生物学)
 8. Embaseバージョンアップ情報(2014年8月新機能
 9. 著者向け「エルゼビアで出版した論文を広めるヒント集」の紹介
10. プロダクトレビューの紹介                            
   『情報管理』研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用        
11. Free Articlesの紹介
  「再生医学のための導電性ポリマー」
   「スポーツ用アプリケーションに適しているオーセチック材料」
12. 学会出展・ポスター発表のお知らせ
  -CBI学会2014
  -第32回メディシナルケミストリーシンポジウム 

------------------------------------
1. ノーベル物理学賞受賞の「青色LED」を事例にした
  「新規事業におけるプロセスイノベーションの重要性」論文の紹介
------------------------------------
2014年ノーベル物理学賞の受賞者が、高効率な青色LEDを実現した名城大学の
赤崎勇教授、名古屋大学の天野浩教授の共同研究チーム(当時はともに名古屋
大学所属)と米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二教授(当時は
日亜化学工業株式会社所属)の3名に決まりました。
この青色LEDを事例に、プロセスイノベーションの重要な役割を論文データの
分析により実証する研究が立命館大学大学院の品川啓介先生によって論文に
まとめられ、2014年に報告されています。

 プロセスイノベーションの製品開発における役割の定量的実証研究
 -青色発光ダイオード開発を例に-
 品川 啓介・安部 惇・玄場 公規

ビジネスクリエーター研究 Vol.5:pp.43-55,2014

分析には、エルゼビアの抄録・引用文献データベース
Scopus(スコーパス)が使用されました。

論文はこちらから
→ http://www.business-creator.org/wp-content/uploads/2014/05/jbcs5_3sinnkijigyou.pdf

------------------------------------
2. Scopusを活用した研究開発動向分析:VALUENEXコンサルティング株式会社
  「エネルギーハーベストの研究動向と展望」
------------------------------------
スマートフォンの高機能化と普及、クラウドコンピューティング、ビッグデータの
活用などにより急速に高度情報化社会へ向かっている中、センサーネットワーク
とそれを支えるエネルギーハーベスティングが重要になると考えられます。
大量文書情報をScopus(スコーパス)により分析し今後の展開可能性についても
レポートしていただきましたので、ぜひご参照ください。

詳しいレポートはこちらから(PDF)
→ http://www.so-ti.com/upload2/20141014.pdf

掲載ホームページ
→ http://www.so-ti.com/report/detail194.html


------------------------------------
3. Scopus10周年記念、分野別トップ被引用論文紹介
------------------------------------
Scopus10周年記念記事として2001年-2011年の10年間にScopusで被引用数が
トップの論文を分野別に選出し、著者のコメントを交えて紹介しています。

詳細についてはこちらから(英語)
10 years of research impact: top cited papers in Scopus 2001-2011
→ http://www.researchtrends.com/issue-38-september-2014/10-years-of-research-impact/

------------------------------------
4. ScienceDirect電子ジャーナル新タイトル及びバージョンアップ情報
------------------------------------
・新タイトル情報
2014年第3四半期 (2014年5月21日~2014年8月20日) 電子ジャーナルの
新タイトル、タイトル名変更、および2015年の中止・移動予定タイトルについて
情報をまとめました。

掲載ページはこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals
→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals/titles-alert-2014q3

・バージョンアップ情報
2014年9月7日(日)にバージョンアップされ、以下の変更および機能強化がありま
した。2014年2月と6月のリリースに続いてユーザーインターフェースを最適化し、
研究者の作業効率向上にフォーカスしています。

・アラート管理ページのデザインを変更
・PDF一括ダウンロードのデザインを変更
・おすすめ論文のポップアップウィンドウにPDF一括ダウンロードとエクスポートを追加
・ジャーナルホームページにグラフィカルアブストラクトとハイライトを標準表示
・論文ページにビデオのプレビューを表示
・ジャーナル/ブックタイトルリストにeBooks(単行本)の出版年を表示
・eBooks(単行本)の目次ページにエクスポートを追加

スクリーンショットを含む詳細はこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/news
→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/users

------------------------------------
5. 2015年冊子体ジャーナル価格表
------------------------------------
2015年冊子体ジャーナル価格表が発表され、下記よりExcelファイルにて
ダウンロード可能です。

本社ページ(英語)
→ http://www.elsevier.com/journal-pricing

日本語ページ
→ http://www.elsevier.com/jp/journals

------------------------------------
6. Lancetが新ジャーナル「The Lancet Psychiatry」を創刊
------------------------------------
厳選された論文により高品質を維持している医学ジャーナルのLancetグループ
より、精神医学分野の新ジャーナル「The Lancet Psychiatry」が創刊されまし
た。本タイトルは、精神薬理学や心理療法、心理社会的アプローチを含むあら
ゆる精神疾患を扱い、原著論文、レビュー論文、コメント、ニュースなどを幅
広く出版します。

本タイトルの電子版は、コーポレートエディションには含まれず、個別タイトル
でのご契約が必要です。電子版の機関購読価格に関しては担当までお問い合わせ
ください。

ScienceDirectホームページ(英語)
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/22150366

------------------------------------
7. Book オンライン版新刊のご紹介
   -Pathobiology of Human Disease (ヒト疾患の病理生物学)
------------------------------------
ヒト疾患における病理生物学は、従来の形態的かつ臨床的な病理学や分子病理学
から、細胞生物学・遺伝学・分子生物学など、様々な研究を背景に日々進展して
います。本書はヒト細胞の画像・分子解析や遺伝子発現解析の最新技術、染色体
異常の細胞・組織比較などの豊富な内容を、顕微鏡画像や分かりやすいカラー
イラストとともに詳しく解説。厳選された約50の生物学・医学分野の論文
トピックを5つの基本項目に分け統括的に掲載しています。
ヒト疾患における病理生物学の新たな参考文献として揃えておきたい必読の書
ですので、ぜひお問い合せください。
(本書はオンライン版のみでの刊行となります。)

ScienceDirect上の詳細はこちらから(英語)
http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780123864574

日本語情報頁、価格等の詳細はこちらから
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/books/2014mrw_page/pathobiologyofhumandisease

※オンライン版の価格はご所属機関・ユーザ数によって異なりますので、
詳しくはお問い合わせ下さい。

------------------------------------
8. Embaseバージョンアップ情報(2014年8月新機能)
------------------------------------
Embase(エンベース)が2014年8月にバージョンアップされ、以下の機能強化が
行われました。

・医療機器製造会社名、医療機器製品名からの検索モードの追加
・Emtree 中の医療機器用語の強化
・フィルターに医療機器名、製造会社名のカテゴリーを追加

スクリーンショットを含む詳細についてはこちらから
→ http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/215375/embase_update_1407.pdf

------------------------------------
9. 著者向け「エルゼビアで出版した論文を広めるヒント集」の紹介
------------------------------------
研究成果である自分の発表論文を学術コミュニティでより広く知ってもらう
ことは、論文の被引用数の増加につながり、今後の研究活動や研究キャリアの
形成にも大切です。下記ヒント集では、執筆段階から始められる認知度アップ
の工夫と出版後のコツをまとめています。Share LinkやCite Alertなど、
エルゼビアの各種サービスも概観できます。

Get Noticed 日本語版(PDF)
→ http://www.elsevier.com/jp/authors/Get-Noticed_jpn.pdf

Get Noticed 英語版
→ http://www.elsevier.com/journal-authors/promote-your-article

------------------------------------
10.掲載記事の紹介
  『情報管理』研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用
------------------------------------
『情報管理』2014年9月号にエルゼビアが担当した記事が掲載されました。

「研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用」
 Practical and applied bibliometric analysis for research strategy
 福成 洋 FUKUNARI Hiroshi

情報管理 57(6), 376-386, doi: 10.1241/johokanri.57.376
 (http://dx.doi.org/10.1241/johokanri.57.376)

「アクションにつながる分析」をキーワードに、書誌情報を基にした
研究戦略のための具体的な分析事例を紹介しています。

PDFはこちらから
→ https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/57/6/57_376/_pdf

『情報管理』掲載号目次
→ http://johokanri.jp/journal/2014/09

------------------------------------
11. Free Articlesの紹介
------------------------------------
今回は化学分野の中から最近のFree Articlesを紹介します。

★「再生医学のための導電性ポリマー」
PCのモニターやマイクロ手術ツールとして既に利用されている導電子ポリマーは、
次世代の「高性能な」電気応答性生体適合材料であり、驚くべき多様性と適合性
を持つことにおいてはおそらく最も高性能なものかもしれません。

続きはこちらから(英語)
→ http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0006/213576/Conductive-polymers-Towards-a-smart-biomaterial-for-tissue.pdf

★「スポーツ用アプリケーションに適しているオーセチック材料」
アスリートは、運動能力の限界まで挑戦しながら能力を損なわないプロテクター
を必要とします。高いエネルギーの吸収力と、素晴らしい適合性を提供すること
は、オーセチック材料がより軽量で快適なヘルメットやパッドのような
プロテクターを作るのに適しています。

続きはこちらから(英語)
→ http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0010/216685/Auxetic-materials-for-sports-applications.pdf

------------------------------------
12. 学会出展・ポスター発表のお知らせ
------------------------------------
エルゼビアは、10月・11月に下記の学会に出展及びポスター発表を行います。

●CBI学会2014
2014年10月28日(火)~30日(木)、タワーホール船堀
http://cbi-society.org/taikai/taikai14/
企業展示ブース:No.1

ランチョンセミナーに田辺三菱製薬株式会社の千葉様をお招きしてMedScanを
用いたEmbase文献情報のテキストマイニングについてご紹介頂きます。
また、エルゼビア本社製品チームよりGeorge Jianが来日し、ポスター発表も
しますので、学会参加の際は是非お立ち寄りください。

[ランチョンセミナー詳細]
ゲストスピーカー:千葉博昭(田辺三菱製薬株式会社)様
『KOマウス文献からのターゲット情報提供』
-MedScanを用いたEmbase文献情報のテキストマイニング事例紹介

[ポスター発表詳細]
George Jian:Life Science Solutions
"Identifying Potential Indications for Drug Repositioning Using Text Mining Analyses"

根岸 公祐:ライフサイエンスチーム
"Approach to Meta-Analysis of Microarray Datasets Reveals Muscle Remodeling-related
Drug Targets and Biomarkers in Duchenne Muscular Dystrophy"

●第32回メディシナルケミストリーシンポジウム
2014年11月26日(水)~28日(金)、神戸国際会議場
http://www.cdsympo.com/mcs2014/02.html
企業展示ブース:3階レセプションホール/国際会議室301

エルゼビアのデータベースReaxys(リアクシス)及びReaxys Medicinal Chemistry
(リアクシス・メディシナルケミストリー)を用いた化合物、ターゲットおよび
活性値のデータマイニングについてポスター発表を行いますので、是非お立ち寄り
ください。

[ポスター発表詳細]
礒辺 隆:ライフサイエンスチーム
「データベースReaxys Medicinal Chemistryを用いた化合物、ターゲットおよび
活性値のデータマイニング」

購読方法

エルゼビア・ニュースレター(企業向け)の配信をご希望の方は、貴社名、部署名、氏名、住所、電話番号、メールアドレスをご記入の上、弊社マーケティング(jp.corporate@elsevier.com)までお送りください。

※ 大学・政府機関のお客様は、エルゼビア・ニュースレター(大学・政府機関向け)をご購読ください。

※ ミクスOnlineのメールマガジン「eX-press News」のお申し込みは、こちらから。