エルゼビア・ニュースレター:企業向け

このニュースレターは、ScienceDirect、Scopusをはじめとする、エルゼビアの出版物・電子製品をご利用の企業の皆様に配信しています。

2015年2月18日号

■□■ 目 次 ■□■

  1. インタビュー記事:大阪大学大学院基礎工学研究科 廣瀬敬治准教授
  2. Scopusを活用した研究開発動向分析:VALUENEXコンサルティング株式会社
   「学術文献情報に見る自動運転の研究開発トレンド」
  3. Scopusバージョンアップ情報(2014年12月リリース)
  4. 創刊誌のご案内
   -Lancet「The Lancet Haematology」「The Lancet HIV」
     -Cell Press、Lancet「EBioMedicine」
  5. Cell Reportsオンライン版論文の紹介:独立行政法人理化学研究所
     「ヒトES細胞から小脳の神経組織への分化誘導に成功」
  6. Reaxys機能強化のお知らせ
  7. PharmaPendium 機能強化及び検索ガイドのお知らせ
  8. 地球科学者向け地図情報検索ツールGeofacetsにWiley社の雑誌を追加
  9. 2015年リリース予定レファレンスワーク全8タイトルの価格を発表 
10. イベント情報:日本安全性薬理研究会学術年会
11. [無料オンラインセミナー] 新しいワークフローツールKnovelのご紹介

------------------------------------
1. インタビュー記事:大阪大学大学院基礎工学研究科 廣瀬敬治准教授
------------------------------------
1931年大阪大学に基礎工学部が設置され、理学と工学に焦点をあてた研究と教育
プログラムを通して、社会の求める優秀な人材の育成が行われています。
廣瀬敬治先生は基礎工学部に22年勤務されている中で、教育者の立場からReaxys
(リアクシス)をどのように活用されているかを今回インタビューさせていただ
きました。

インタビュー記事はこちらから 
→ http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0003/249591/RX-Spotlight-ProfHirose-OsakaU-JP_Final.pdf


------------------------------------
2. Scopusを活用した研究開発動向分析:VALUENEXコンサルティング株式会社
 「学術文献情報に見る自動運転の研究開発トレンド」
------------------------------------
自動運転は自動車に限らず、広く研究開発がなされています。そのなかで、
自動運転に係る研究開発はどのように推移し、何が注目されているのでしょうか。
VALUENEXコンサルティング株式会社にて大量文献情報をScopus(スコーパス)に
より分析、クラスター解析による技術動向をレポートしていただいています。
今後の展開や可能性についても述べられていますので、是非ご参照ください。

詳しいレポートはこちらから(PDF)
→ http://www.so-ti.com/upload2/20150217.pdf

掲載ホームページ
→ http://www.so-ti.com/report/detail195.html

Scopusについてはこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/scopus

------------------------------------
3. Scopusバージョンアップ情報(2014年12月リリース)
------------------------------------
Scopusが2014年12月5日(金)にバージョンアップされ、以下の変更および
機能強化がありました。

・ヘッダーのデザインが変更され、研究分析ツールSciValとの互換性が高く
 なりました。
・ジャーナル評価指標としてIPP(Impact per Publication)が追加されま
 した。
・Scopusがアジャイル開発に移行することに伴う日本語インターフェース
 への影響について

スクリーンショットを含む詳細情報はこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/scopus/users

------------------------------------
4. 創刊誌のご案内
------------------------------------
-高品質の医学ジャーナルを出版するLancetグループより、
「The Lancet Haematology」と「The Lancet HIV」が創刊されました。
いずれもオンラインのみで発行され、前者は血液診療、後者はHIV/AIDSに
ついての、原著論文、コメント、エディトリアル、レターを出版します。

・The Lancet Haematology
 ScienceDirectホームページ
 → http://www.sciencedirect.com/science/journal/23523026
 
 Lancetホームページ
 → http://www.thelancet.com/haematology
 
・The Lancet HIV
 ScienceDirectホームページ
 → http://www.sciencedirect.com/science/journal/23523018
 
 Lancetホームページ
 → http://www.thelancet.com/hiv

-Cell PressとLancetから著者支払モデルのオープンアクセス誌
「EBioMedicine」が創刊されました。
Cell PressグループとLancetグループの編集サポートを受け、基礎研究と
医療を橋渡しするトランスレーショナル研究の成果を掲載します。

・ScienceDirectホームページ
 → http://www.sciencedirect.com/science/journal/23523964

・EBioMedicineホームページ
 → http://www.ebiomedicine.com

機関購読価格に関しては、担当までお問い合わせください。

------------------------------------
5. Cell Reportsオンライン版論文の紹介:独立行政法人理化学研究所
「ヒトES細胞から小脳の神経組織への分化誘導に成功」
-----------------------------------
2015年1月30日独立行政法人理化学研究所よりヒトES細胞(胚性幹細胞)を小脳
の神経組織へと、高い効率で選択的に分化誘導させることに成功したことが発表
されました。
本研究は、理化学研究所(理研)多細胞システム形成研究センター器官発生研究
チームの六車恵子専門職研究員を中心とする研究チームにより科学技術振興機構
(JST)再生医療実現拠点ネットワークプログラム「疾患特異的iPS細胞を活用し
た難病研究」事業の一環として行われ、「Cell Reports」オンライン版に掲載さ
れたものです。「Cell Reports」は、2012年にCell Pressグループより創刊され
たオープンアクセス誌です。

・Keiko Muguruma, Ayaka Nishiyama, Hideshi Kawakami, Kouichi Hashimoto,
Yoshiki Sasai, "Self-organization of polarized cerebellar tissue in 3D
culture of human pluripotent stem cells", Cell Reports,
doi: 10.1016/j.celrep.2014.12.051

論文についてはこちらから(Cell Reports,10,537-550,2015)
→ http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2211124714011048

独立行政法人理化学研究所プレスリリース
→ http://www.riken.jp/pr/press/2015/20150130_1/

------------------------------------
6. Reaxys 機能強化のお知らせ
------------------------------------
Reaysが2015年1月にバージョンアップし、以下の機能強化が行われました。

・検索結果のExport 可能なレコード数が1,000 件から5,000 件に拡充
・Export時のパフォーマンスの向上

スクリーンショットを含むPDFはこちらから
→ http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0004/245290/Reaxys_update201501.pdf

Reaxysについてはこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/reaxys

------------------------------------
7. PharmaPendium 機能強化及び検索ガイドのお知らせ
------------------------------------
PharmaPendium(ファーマペンディウム)の1月アップデートにて、更新頻度が
従来のBimonthly(2か月に1回)から、Biweekly(隔週)に強化されました。

更新状況の確認方法など詳細情報はこちらから
→ http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0003/245397/PP_update_1501.pdf

また、新しいインターフェースに合わせた検索ガイドを改訂し、以下の内容が
主に掲載されています。

・PharmaPendiumコンテンツの説明
・検索の基本ルール
・検索事例

検索ガイドはこちらから
→ http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/248135/PharmaPendium_SearchGuide_201501.pdf

PharmaPendiumについてはこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/pp

------------------------------------
8. 地球科学者向け地図情報検索ツールGeofacetsにWiley社の雑誌を追加
------------------------------------
Geofacets(ジオファセッツ)は、資源開発に欠かせない地図情報を検索す
ることができるウェブベースのツールです。エルゼビアが発行する30誌以上の
地質学分野の雑誌のほか、Geological Society of America(GSA)、
Geological Society of London(GSL)、Society for Sedimentary Geology
(SEPM)、Society of Economic Geologists(SEG)の雑誌に掲載され、地図
情報を収録しています。これまでに国内外の多くの資源開発企業でご導入いた
だいています。

このGeofacetsに、Wiley社が発行する26誌に掲載されている地図情報を
追加することになりました。Geofacetsで提供される地図情報は、2015年中
に50万件を超える予定です。

Geofacetsの特長:
・世界地図から対象エリアを指定した検索とキーワードによるテキスト検索
 に対応
・2015年2月現在、40万件以上の地図情報が利用でき、その70%以上に
 ジオリファレンスデータが付加
・オリジナルの論文はread-onlyのPDFで全文を閲覧することが可能
・地図の多くはJPEG、GeoTIFF、KMZなどのフォーマットでダウンロードする
 ことが可能

Geofacetsの製品情報はこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/geofacets

プレスリリース(英語)はこちらから
→ http://www.elsevier.com/about/press-releases/science-and-technology/elsevier-to-add-more-than-100,000-maps-to-geofacets-platform-through-agreement-with-wiley

------------------------------------
9. 2015年リリース予定レファレンスワーク全8タイトルの価格を発表
------------------------------------
2015年刊行予定のレファレンスワーク(大型参考図書)全8タイトル電子版の
価格を発表しました。

・Meyler's Side Effects of Drugs, 16e(メイラー医薬品副作用大辞典 第16版)
・Encyclopedia of Cell Biology(細胞生物学百科事典)
・Encyclopedia of Food and Health(食品・健康百科事典)
・Brain Mapping: An Encyclopedic Reference(脳機能マッピング)
・Encyclopedia of Mental Health, 2e(メンタルヘルス百科事典 第2版)
・International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences, 2e
 (社会科学・行動科学国際百科事典 第2版)
・Encyclopedia of Forensic and Legal Medicine 2e(法医学百科事典 第2版)
・Treatise on Geophysics, 2e.(地球物理学論文集 第2版)

下記ページの「2015年価格表」からExcelファイルでダウンロードできます。
 http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/books#box-id-166602

※価格はご所属機関・ユーザ数によって異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

------------------------------------
10. イベント情報:日本安全性薬理研究会学術年会
------------------------------------
2015年2月20日(金)・21日(土)の日程で、第6回 日本安全性薬理研究会
学術年会に出展します。
PharmaPendiumの製品紹介を中心に、企業ブース出展に加えポスター発表を行い
ますので、是非お立ち寄りください。

日時: 2015年2月20日(金)・21日(土)
場所: 東京大学弥生講堂 一条ホールおよびアネックス セイホクギャラリー

詳しくはこちらから
→ http://www.j-sps.org/sub4.html

------------------------------------
11. [無料オンラインセミナー] 新しいワークフローツールKnovelのご紹介
------------------------------------
このたび「新しいワークフローツールKnovelのご紹介」と題しまして、
無料オンラインセミナーを開催することになりました。
セミナーではKnovel(ノベル)の製品概要をデモンストレーションを交えて
ご紹介いたしますので、ぜひご参加ください。

Knovelは、2001年設立のKnovel Corporationがエンジニア向けに開発した
ワークフローツールです。35の研究分野について信頼性の高い検証済みの
情報をご提供しており、これまでに世界中の大学・研究機関や企業で利用
されています。

製品の特長
・信頼性の高いコンテンツ - 100以上のパートナー企業・団体から提供された
 コンテンツ(パートナー例:AIAA、ASM、IET、Cambridge University Press)
・最適化された検索エンジン - 入力語を“理解”して検索
・インタラクティブコンテンツ - 10万以上の表、グラフ、方程式を活用できる
 ツール

【セミナー開催日時】
2015年2月26日(木)13:30~14:00

本セミナーは事前登録制となっております。(定員制)
参加希望の方はお早目にこちらからお申込みください。
→ https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=qal-remgq-34202b36b3795f5423ce859760fbb2d5

Knovelについてはこちらから(英語)
→ http://www.elsevier.com/knovel

購読方法

エルゼビア・ニュースレター(企業向け)の配信をご希望の方は、貴社名、部署名、氏名、住所、電話番号、メールアドレスをご記入の上、弊社マーケティング(jp.corporate@elsevier.com)までお送りください。

※ 大学・政府機関のお客様は、エルゼビア・ニュースレター(大学・政府機関向け)をご購読ください。

※ ミクスOnlineのメールマガジン「eX-press News」のお申し込みは、こちらから。