The Academic Executive Brief: 世界の学術機関の最新動向

aeb_logoThe Academic Executive Brief(アカデミック・エグゼクティブ・ブリーフ)は、エルゼビアが世界の学術機関の最新動向を発信する小冊子です。学問や研究の管理において重要な決定権を握る大学幹部のみなさまに、地域、全国、国際レベルでの成功を導くための分析や解説など、さまざまな情報をお届けします。年二回(不定期)発行、英語版発行後に日本語訳をご用意しています。英語版はこちらから。

Latest issue

aeb_cover_3.2.jpg特集:学際性
 
英語版日本語版(PDF)

Mary_Ellen_Perry.jpg George_Weinstock.jpg

Genomics era gives rise to new breed of complex, cross-cutting projects
ゲノミクス時代の複雑な分野横断プロジェクト

メアリー・エレン・ペリー(Mary Ellen Perry)アメリカ国立衛生研究所、
ジョージ・ワインストック(George Weinstock)ワシントン大学

An interview with Mary Ellen Perry, Program Leader for the Office of Strategic Coordination at the National Institutes of Health, and George Weinstock, Leader of the Human Microbiome Project and Associate Director of The Genome Institute at Washington University.

Hundreds of researchers and multiple academic institutions and NIH institutes participated in the Human Microbiome Project (HMP) to sequence and analyze microbial genomes, create resource repositories, and examine the associated ethical, legal and social implications. The National Institutes of Health (NIH) Common Fund contributed $143 million to the HMP over the first five years (Phase 1), and $15 million to a more limited Phase 2.

アメリカ国立衛生研究所(NIH)戦略調整担当所長室のプログラム責任者、メアリー・エレン・ペリー氏と、ワシントン大学のゲノム研究所副所長でヒトマイクロバイオーム計画の責任者を務めるジョージ・ワインストック氏に対するインタビュー

ヒトマイクロバイオーム計画(HMP)には、何百人もの研究者と複数の学術機関、NIH研究所が参加し、微生物群ゲノムの配列決定と分析により、リソース・リポジトリを作成し、関連の倫理的、法的、社会的問題を研究しています。アメリカ国立衛生研究所(NIH)の共通基金は、HMPの最初の5年間(第1段階)に1億4,300万ドル、さらに限定的な第2段階に1,500万ドルを提供しました。

Bertil_Andersson.gif 
Tony_Mayer.jpg 

Cross-border feats: Singapore's Nanyang Technological University is breaking boundaries in Asia
国境を越えた功績:シンガポールの南洋理工大学がアジアの国境をなくす

バーティル・アンダーソン(Bertil Andersson)、 トニー・メイヤー(Tony Mayer)南洋理工大学

Crossing a border is a recognizable act, one that requires intent and effort. This applies not only to borders between countries, cultures, and traditions, but also to academic disciplines. And while borders are often places of friction and conflict, they also lead to the cross-fertilization that has been crucial to mankind's development.Today, when it comes to knowledge, interdisciplinary (i.e., cross-border) interactions help move the frontiers of science and technology. The gains are not easy to achieve, partly because we all come from strong disciplinary backgrounds and work within rigid academic and administrative structures. But by changing mind-sets and creating new interactions, we can open universities to new ways of working and generate excitement about interdisciplinary possibilities.

境界を越えるというのは、意志と努力を要する明確な行為です。これは国、文化、伝統の境界だけでなく、学術分野の境界についても言えます。境界は、摩擦と衝突の場になりがちですが、人類の発展に不可欠な相互交流にもつながります。知識について言えば、現在、学際的な(つまり境界を越える)交流が、科学技術のフロンティア拡大に貢献しています。その実現は容易ではありません。理由の1つは、だれもが強固な専門分野を持ち、厳格な学術的、管理的構造の中で仕事をしているからです。しかし、考え方を変え、交流の場を作り出せば、大学にとって新しい研究への道を開き、胸躍るような学際研究の可能性を生むことになります。

Motoko_Kotani.jpg 

Challenge accepted - Japan's AIMR champions mathematical integration to afford infinite possibilities
挑戦を受ける - 原子分子材料科学高等研究機構が数学の導入によって無限の可能性を提供

小谷元子(Motoko Kotani) 東北大学

Nobody doubts that our world faces great challenges that should be addressed through the development of scientific understanding and discoveries. These complex and multifaceted problems require collaborations across a wide range of expertise so they can be identified and formulated in a framework that extends beyond existing disciplines and cultures.

世界が、科学の理解と発見を通じて対処すべき大きな試練に直面していることは、疑いの余地のない事実です。このような複雑で多面的な問題は、幅広い専門家の協働により、既存の分野や文化の壁を超えた枠組みの中で明確にし、検討する必要があります。

Gabriele_Bammer.jpg 

Tackling grand challenges: Boosting interdisciplinarity to embrace complexity, unknowns and imperfection
大きな挑戦:複雑、未知、不完全に対応する学際研究の促進

ガブリエレ・バマー(Gabriele Bammer)オーストラリア国立大学

The importance of interdisciplinary research in tackling today's grand challenges ? global environmental change, widespread poverty, organized crime and the like ? was strongly promoted by the 2004 US National Academies report "Facilitating Interdisciplinary Research." The report stated: "Interdisciplinary thinking is rapidly becoming an integral feature of research as a result of four powerful 'drivers': the inherent complexity of nature and society, the desire to explore problems and questions that are not confined to a single discipline, the need to solve societal problems, and the power of new technologies."

現代の大きな挑戦、すなわち世界的な環境変動、貧困の蔓延、組織犯罪などにおける学際研究の重要性は、米国科学アカデミーの報告書『Facilitating Interdisciplinary Research(学際研究の促進)』で強く提唱されました。報告書には以下のように書かれています。学際的な考え方は、研究の必須要素として急速に普及しつつあります。これには、自然と社会の本質的な複雑性、分野の枠にしばられずに問題や疑問を追求したいという欲望、社会的な問題を解決する必要性、新しいテクノロジーの力、という4つの強力な「推進要因」があります。

Norhayati_Zakaria.jpg 

Creating cross-culturally competent leaders for global teams
異文化に対応できる国際チーム責任者の養成

ノルハヤティ・ザカリア(Norhayati Zakaria)ウタラマレーシア大学

Imagine that a German-based research institute needs to assemble a team consisting of engineers, medical doctors, and research scientists to collaborate on addressing respiratory illnesses in large urban centers. And the best and brightest team members happen to be found in several countries around the world. Such scenarios are increasingly common in today's globalized research environment where potential team members are discoverable via academic networking and search tools.

ドイツにある研究所が、エンジニア、医師、研究者を集めてチームを結成し、大都市における呼吸器病について共同研究を行うとしましょう。そして最も優秀なメンバーが、偶然にも世界各地に散らばっているとします。今日のグローバルな研究環境では、学会の人脈や検索ツールを使ってチームの候補を探すことが多く、このようなシナリオが増えています。

Resources

英文ページの一覧はこちらから確認いただけます。

Improving Your Research Management: A Guide for Senior University Research Managers
研究マネジメントを改善するには: 研究管理者のためのガイド

アラン・M・ジョンソン教授(Professor Alan M Johnson AM)著

研究チームのリーダーや大学で研究管理に携わる方向けのガイドブックが完成しました。本書はご好評いただいている若手研究者向けの下記ガイドブックの続編となる書き下ろしです。
Charting a Course for a Successful Research Career: A Guide for Early Career Researchers - 2nd edition.
『研究キャリアを成功へと導くには ~若手研究者のためのガイド~』

エルゼビアの研究マネジメント支援サービス(Elsevier Research Intelligence)総合案内はこちらから。