The Academic Executive Brief: 世界の学術機関の最新動向

aeb_logoThe Academic Executive Brief(アカデミック・エグゼクティブ・ブリーフ)は、エルゼビアが世界の学術機関の最新動向を発信する小冊子です。学問や研究の管理において重要な決定権を握る大学幹部のみなさまに、地域、全国、国際レベルでの成功を導くための分析や解説など、さまざまな情報をお届けします。年二回(不定期)発行、英語版発行後に日本語訳をご用意しています。英語版はこちらから。

Resources

英文ページの一覧はこちらから確認いただけます。

Improving Your Research Management: A Guide for Senior University Research Managers
研究マネジメントを改善するには: 研究管理者のためのガイド

アラン・M・ジョンソン教授(Professor Alan M Johnson AM)著

研究チームのリーダーや大学で研究管理に携わる方向けのガイドブックが完成しました。本書はご好評いただいている若手研究者向けの下記ガイドブックの続編となる書き下ろしです。
Charting a Course for a Successful Research Career: A Guide for Early Career Researchers - 2nd edition.
『研究キャリアを成功へと導くには ~若手研究者のためのガイド~』

エルゼビアの研究マネジメント支援サービス(Elsevier Research Intelligence)総合案内はこちらから。

Latest issue

aeb_cover_4.1.jpg特集:経済成長を促進
 
英語版  英語版(PDF)   日本語版(PDF)

Byoung_Yoon_Kim.jpg Sung-Mo_Steve_Kang.jpg

From conception to reinvention: KAIST advances Korean economic development
着想から改革へ:KAISTが韓国の経済成長を推進

ビョン・ユン・キム(Byoung Yoon Kim)、スンモー"スティーブ"カン(Sung-Mo"Steve"Kang)、KAIST

KAIST (the Korea Advanced Institute of Science and Technology) was founded in 1971 with a mission to produce well-trained scientists and engineers with advanced degrees. These professionals were crucial for the task of transforming the Republic of Korea (Korea) into an industrialized nation. In the early '70s, Korea was heavily dependent on agriculture and some light industries such as textile manufacturing. The per capita gross national income (GNI) was a few hundred dollars. Then President Park Chung-Hee began "Saemaul Undong" (New Community Movement), a nationwide endeavor to pull the nation out of poverty. The campaign, which focused first on rural areas and then spread to other regions, is now regarded as a model for underdeveloped countries.

韓国科学技術院(KAIST)は、十分な訓練を受け、高等学位を持つ科学者やエンジニアを養成するため、1971年に設立されました。大韓民国(韓国)を産業国に生まれ変わらせるためには、そのような専門家が不可欠だったからです。1970年代前半の韓国は、農業と繊維生産など一部の軽工業に大きく依存していました。1人あたりの国民総所得(GNI)は数百ドルでした。当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領は、全国的に「セマウル運動」を推進し、貧困からの脱出を図りました。この運動は、最初は農村地域、徐々に他の地域に広がり、今では発展途上国の模範とみなされています。

Per_Eriksson.jpg 

Lund University exemplifies Swedish innovation
ルンド大学がスウェーデンの革新を体現

パー・エリクソン(Per Eriksson)、ルンド大学

Founded in 1666, Lund University is one of Scandinavia's largest institutions for education and research, consistently ranked among the world's top 100 universities. When asked about the university's research focus, Per Eriksson described how Lund University is fulfilling its motto "prepared for both." (1) No longer in reference to the book and sword, the motto is now a manifestation of the university's ability to offer a comprehensive education as it establishes top research teams and a new international hub for materials science, and to champion local development while seeding global companies.

1666年に設立されたルンド大学は、北欧最大級の教育研究機関であり、常に世界大学トップ100にランクインしています。大学の研究活動についての質問に、パー・エリクソン氏は、ルンド大学の「どちらにも備える」という校訓を挙げました。この校訓は、もはや本と剣を意味してはいません。むしろ、総合的な教育を提供しつつ、トップクラスの研究チームを擁し、物質科学の新しい国際拠点となること、そして地域の発展をサポートしつつ、世界的企業の種をまくことです。

Alicia_Loffler.jpg 

Embedding an entrepreneurial culture at Northwestern
ノースウェスタン大学に起業家精神を根付かせる

アリシア・ルフラー(Alicia Löffler)、ノースウェスタン大学

A university is shaped by and helps to shape its environs. In some regions, the relationship between academia and enterprise may be well entrenched, such as in the high-tech or biotech clusters of Silicon Valley or San Diego. In Chicago, a city of big industry, growing a startup culture takes deliberate cultivation. Alicia Loffler describes some of the efforts that have put Northwestern University and Chicago on the right trajectory.

大学は、環境によって形づくられ、環境を形づくります。シリコンバレーやサンディエゴのハイテク、バイオテク団地のように、すでに大学と企業の関係が確立されている地域もあります。巨大産業の街、シカゴで起業文化を育むには入念な準備が必要です。ここでは、アリシア・ルフラー氏に、ノースウェスタン大学とシカゴを正しい軌道に乗せる取り組みについて聞きました。

George_Baxter.jpg 

A national report highlights the potential for local impact
英国のレポートが地域貢献型の大学に注目

ジョージ・バクスター(George Baxter)、サルフォード大学

In October 2013 Sir Andrew Witty published a report exploring how UK universities can maximize the potential of their research output and translate it into supporting economic growth. The report underscored the importance of understanding a region's strengths as a means to spurring economic activity. One way to gain that perspective is via heat maps showing clusters of research activity.

2013年10月、アンドリュー・ウィッティ卿は、英国の大学が研究成果を経済成長のサポートに最大限に結びつける方法について、レポートを発表しました。このレポートは、経済活動に拍車をかける手段として、地域の強みを理解する重要性を裏付けています。このことを理解する一つの方法に、研究活動の集合を示したヒートマップが役立ちます。