イベント

エルゼビアでは、各種のセミナー、イベント出展を企画しています。

著者向けワークショップ

エルゼビアでは、著者向けのワークショップを開催しています。

開催日 イベント名 開催者
2014年10月3日東京農業大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
研究成果を国際ジャーナルへ投稿する方法とポイント 
東京農業大学農学部/厚木学術情報センター 共催
エルゼビア・ジャパン株式会社 協力 
2014年6月27日

長崎大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
国際論文投稿セミナー
~アクセプトされる論文を書くために~- How to get published - 

共催:長崎大学 研究推進戦略本部、エルゼビア・ジャパン株式会社 共催
2014年5月10日

日本大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
デジタル世代における若手研究者のキャリア形成
~独立した研究者となるための心得と大規模文献データベースを活用した研究の将来設計~ 

主催:平成25年度 日本大学理事長特別研究 「キャリアウェイ~理系女子学生のキャリア教育と活躍促進のための環境整備に関する研究」
共催:日本大学生物資源科学部男女共同参画推進委員会
協力:エルゼビア・ジャパン(株)

2014年1月21日

東京大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
学術ジャーナルにおける出版倫理を考える
- 研究者にとって、避けられない責務 - 

主催:東京大学
後援:カクタス・コミュニケーションズ株式会社、エルゼビア・ジャパン株式会社

2014年1月21日

慶應義塾大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
学術ジャーナルにおける出版倫理を考える
- 研究者にとって、避けられない責務 - 

主催:慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科
後援:カクタス・コミュニケーションズ株式会社、エルゼビア・ジャパン株式会社

2014年1月20日

大阪大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
Publication Ethics Seminar
学術ジャーナルにおける出版倫理を考える

主催:大阪大学
後援:カクタス・コミュニケーションズ株式会社、エルゼビア・ジャパン株式会社

2014年1月20日

京都大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
学術ジャーナルにおける出版倫理を考える
- 研究者にとって、避けられない責務 - 

京都大学
カクタス・コミュニケーションズ株式会社
エルゼビア・ジャパン株式会社 共催

2013年11月26日

山口大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
国際学術論文促進セミナー
―これから英語論文を国際誌へ投稿する若手研究者のために―

山口大学・大学研究推進機構/大学情報機構 共催、エルゼビア・ジャパン株式会社 協力
2013年10月22日

東北大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
~アクセプトされる論文とは~

東北大学 医学部教室員会/附属図書館医学分館 共催
2013年6月11日

北海道大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
「自分の研究成果を論文で世界に向けて発信しよう!」
―アクセプトされる論文を書くために How to get Published―

北海道大学 附属図書館・創成研究機構 URAステーション 共催
2012年11月19日

東北大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
~アクセプトされる論文とは~

東北大学医学部教室員会 共催
2011年11月24日

岩手大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
~アクセプトされる論文とは~

岩手大学情報メディアセンター図書館 共催
2011年11月11日

東北大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
若手研究者必見!英語論文投稿実践講習会
―アクセプトされる論文とは―

東北大学医学部教室員会 共催
2011年11月8日

神戸大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
― 英語論文を読み、投稿してみよう ―

神戸大学附属図書館 共催
2011年10月25日

金沢大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
「グローバルな学術世界と研究」
―海外学術雑誌における英語論文執筆と投稿について―

金沢大学附属図書館 共催

2010年10月1日

東北大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
~アクセプトされる英語論文とは~

東北大学 グローバルCOEプログラム 「材料インテグレーション国際教育研究拠点」 共催
2010年7月9日

京都大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
~アクセプトされる論文とは~

京都大学 グローバルCOEプログラム「アジア・メガシティの人間安全保障工学拠点」 共催
2010年7月13日

東北大学 若手研究者向け 英語論文投稿実践講習会

~アクセプトされる論文とは~

東北大学 医学部教室員会 共催
2009年11月25日

東北大学 英語論文投稿実践講習会  
~アクセプトされる論文とは~

東北大学 組織的な大学院教育改革推進プログラム
「メディカルバイオエレクトロニクス教育拠点」共催
2009年9月15日 東京大学 若手研究者のためのAuthor Workshop 東京大学 グローバルCOEプログラム「未来を拓く物理科学結集教育研究拠点」 共催
2009年3月13日

九州大学 若手研究者のためのAuthor Workshop
国際科学英語特別セミナー

九州大学 グローバルCOEプログラム「未来分子システム科学」 共催
2008年7月24日 東京工業大学 若手研究者のためのAuthor Workshop 東京工業大学 グローバルCOEプログラム「新たな分子化学創発を目指す教育研究拠点」 共催
2008年7月9日 NSR Author Workshop 第31回日本神経科学大会
日本神経科学学会 共催
2008年6月20日 東京大学 若手研究者のためのAuthor Workshop 東京大学分子細胞研究所 共催
2008年6月19日 東北大学 若手研究者のためのAuthor Workshop 東北大学化学系グローバルCOE プログラム
「分子系高次構造体化学国際教育研究拠点」共催

過去のイベント

リンクをクリックすると、イベント詳細や発表資料をご確認いただけます。

開催日 イベント名 会場
2014年11月6日(木)
13:00-14:30

 第16回図書館総合展 エルゼビア主催フォーラム
「研究コミュニティ発展に向けた図書館とエルゼビアの役割」 

パシフィコ横浜

 2014年10月28日(火)~30日(木)

CBI学会2014年大会 ランチョンセミナー
「Elsevier社ライフサイエンスソリューションのご紹介」
タワーホール船堀

2014年9月17日(水)
14:00-15:30

第4回URAシンポジウム第6回RA研究会合同大会 スポンサードセッション
 「国際的な研究ネットワーク構築に必要な支援とは」 ~URA主導の事例紹介も交えて~

北海道大学 学術交流会館

2014年8月6日 著者向けオンラインセミナー「How To Get Published」
資料はこちら
録画はこちら
オンラインセミナー
2014年6月24日(火)
13:00-17:00
エルゼビア 研究戦略セミナー
大学・研究機関を強くする国際共同研究促進を目指して
~成果を上げるための戦略とは~
(大学・政府機関向け)
ベルサール八重洲2F RoomA+B+C
2014年6月10日(火)-11日(水) APAC Research Intelligence ConferenceNanyang Executive Centre, Nanyang Technological University, Singapore
2014年6月2日(月)東京
2014年6月6日(金)大阪
13:30-16:20
ライブラリ・コネクト・セミナー2014 Scopus発表10周年記念
~Scopus活用事例と最新情報のご案内~
(大学・政府機関向け) 
東京:ステーションコンファレンス東京
大阪:ブリーゼプラザ 

2014年3月28日(金)
14:00-17:00

Reaxys Prize Club Symposium in Japan 2014
(日本化学会第94春季年会 二日目)
名古屋大学東山キャンパス
法経本館共用館3階 第2講義室(SA会場)
2014年3月19日 「Scopusデータを活用した研究論文に見る"Big Data"の動向」
資料はこちら
録画はこちら
オンラインセミナー
2013年11月19日

第3回 URAシンポジウム・第5回 リサーチアドミニストレーション研究会 合同大会
ランチョンセミナー(LS1) 「新しいSciValはURAにとって使えるツールか?」

京都大学百周年時計台記念館発表資料
2013年10月30日 第15回図書館総合展 フォーラム
「大学における研究戦略の取り組みと図書館データベースの活用 ~金沢大学URAの事例とScopusによる自機関分析例~」
パシフィコ横浜
2013年6月26日 エルゼビア 研究戦略セミナー(大学・政府機関向け)
研究評価先進国イギリスに学ぶ ~研究評価にどう向き合うか~
ステーションコンファレンス東京
2013年6月25日 第5回 情報ソリューションセミナー(企業向け)
ゲストスピーカーによる活用事例、Reaxys Medicinal Chemistryとテキストマイニング・パスウェイ解析ツールPathway Studioの紹介
トラストシティカンファレンス・丸の内
2013年1月9日 Reaxysレクチャー~Reaxys PhD Prize受賞者講演~
第9回平田メモリアルレクチャー併設
名古屋大学
2012年11月20日・21日 第14回図書館総合展 フォーラム
フォーラム1 「研究業績を把握して研究支援につなげる具体策 ~ 図書館員も知っておきたい研究マネジメントの最新動向 ~」
フォーラム2 「大学図書館における電子ブックのこれから ~ 日本とアジア各国からの知見と考察 ~」
パシフィコ横浜
2012年9月4日 リサーチアドミニストレーション研究会 国際シンポジウム・2012年度大会(第4回)
ランチョンセミナー(LS1)「客観的データを戦略的研究支援に役立てよう」
学術総合センター(東京都千代田区)
発表資料 
2012年7月4日 九州大学附属図書館/エルゼビア 図書館セミナー
Power of Library ~大学図書館のパワー~
第一部:今求められている図書館経営 (図書館長・管理者の方向けディスカッションミーティング)
第二部:これから求められる図書館像 (図書館員向けセミナー)
九州大学
2012年7月4日 「情報の真の価格は?」(製薬企業向け)
NRIサイバーパテント株式会社との共催セミナー。情報の価値におけるケーススタディ、論文・特許情報の分析事例を紹介
AP品川
2012年6月27日 「技術について、効果的にコミュニケーションできていますか?」(自動車・電機・化学メーカー向け)
NRIサイバーパテント株式会社との共催セミナー。論文・特許情報の分析、可視化をご紹介
野村総合研究所 丸の内総合センター
2012年6月7日 エルゼビア 研究戦略セミナー
~ 大学におけるリサーチ・アドミニストレーターを取り巻く環境の最新情報とURAを支援する弊社製品のご紹介 ~
ステーションコンファレンス東京
2012年3月25日 Reaxysセミナー~合成化学研究の効率化を目指して~
日本化学会第92春季年会(2012)企画セミナー 
慶應義塾大学
2011年11月9日・10日 第13回図書館総合展 フォーラム
大学図書館の電子ブックの今後を考える
フォーラム1 「~エルゼビア主催「オーストラリア・アジア電子ブックセミナー(Australia-Asia eBooks Exchange Program)からの知見と考察~」
フォーラム2 「Article of the Future ~エルゼビアが考える新しい論文の世界~」
パシフィコ横浜
2011年10月4日・5日 ライブラリ・コネクト・ワークショップ2011
モバイルサービス
東京・大阪
2011年5月23日 エルゼビア 研究戦略セミナー
~ 高等教育機関における研究戦略策定の最新事例と研究活動評価を支援する弊社製品のご紹介 ~
ステーションコンファレンス東京
2010年8月26日・27日 ライブラリ・コネクト・ワークショップ2010
図書館マーケティング
東京・大阪
2010年6月11日 第4回 情報ソリューションセミナー(企業向け)
ゲストスピーカーによる活用事例、研究開発における情報戦略に活用いただける製品の紹介
ベルサール八重洲
2009年12月14日・15日・17日・18日 ライブラリ・コネクト・ワークショップ2009
情報リテラシー
東京・札幌・福岡・大阪

これからのイベント

以下のイベントを企画しています。リンクをクリックすると、詳細ページをご確認いただけます。

開催日時 イベント名 会場
2014年11月26日(水)
~28日(金)
第32回メディシナルケミストリーシンポジウム神戸国際会議場
2014年12月5日(金)Predictive analytics フォーラム2014大手町サンケイプラザ